こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

脱サラ&移住と同時に当ブログを開始して数年、現在それなりのアクセス数があります。

そろそろ「総まとめページ的なもの」を作っておこうと考え、今回一筆とってみました。

全6章ですがご用がある時、またはお時間がある時にでもぜひ1度読んでみてください。

【第1章】お問い合わせ先

まず初めに当ブログに関わる全ての人に、感謝の気持ちを伝えたいです。

みなさんいつも本当にありがとうございます。

ただ、ブログというツールの性質上、どうしても一方通行的な発信になりがちです。

↑のようにどれだけお礼を言っても、客観的に見たらただの独り言ですしね。

そんな意味でこの数年間、何のためにブログを書いてるのか自問自答を繰り返した所…。

やっぱりブログはあくまで「コミュニケーション手段の1つ」という結論に達しました。

ですので、その目的に沿ってまず書くべきは「連絡手段」だということになります。

①メールアドレス

メールアドレス

スパム防止のため、↑の画像で失礼します。お手数ですが、手で入力をお願いします。

②SNSのダイレクトメッセージ

ブログの「フェイスブックページ」または「ツイッター」で受け付けております。

なお現在「フェイスブックの個人アカウントは実際お会いした人のみ承認」してます。

※第1章に掲載されている内容の目的と解説

基本的には掲載されている内容に「直接関係する人専用のお問い合わせ窓口」です。

そのため「直接関係のない人、物、事に関する質問はお答えしかねる」場合があります。

そして次章に詳細を書きますが、現在フリーランスとしては休業しておりますので…。

時間の都合上、優先順位の低いご質問には返事ができない可能性があります。

新生活を軌道に乗せるために努力中ですので、何卒ご了承くださいませ。

【第2章】pskの経歴

自営業を3年経験しましたが、3年目は転職活動も並行して行ってました。

せっかくなので「その時に作成した書類の文面の一部」を掲載させていただきます。

(※原文に載ってた実在する企業や団体などの固有名詞などは都合により伏せてます。)

①経歴要約

愛知の音響技術の専門学校卒業後、名古屋の音楽事務所(現在は解散)と契約し、静岡にある楽器メーカーに派遣。

電子楽器の開発スタッフの1人として、音源チップのテストプレイを行ってきました。

約1年勤めた後、一身上の都合で退職し、愛知の自動メーカーに入社。

車体生産の技能員としてボディーの溶接・検査・板金修正に幅広く携わってきました。

約10年勤めた後、一身上の都合で退職し、愛知から高知に移住し大工修行を開始。

半年ほどで外注先を確保し独立、一人親方で工務店を立ち上げ、古民家の耐震補強工事を専門に経営を開始。

3年ほど自営業を経験しましたが、さらなるスキルアップを目指しフリーランスを卒業したため、工務店は現在休業しております。

②自己PR

学生時代に飲食業を5年、会社員時代に製造業を10年、独立し自営業として経営を3年経験することで、どのような状況からでも最終的な目標から逆算して仕事の優先順位を素早く決め、順序立てて仕事にとり組めるようになりました。

そのため全体の製造工程管理に限らず、人手不足の施工現場等どこでも即戦力となれる自負を持っております。

そして新卒で電子楽器のテストおよびデバッグの業務を経験したり、転職後は自家用車のボディーの検査業務を経験したことにより仕事の前工程と後工程の流れを見た段階で、どこに問題が発生するか事前に予測および対策を実施できるようになりました。

また会社員時代に交通安全活動を10年経験したこともあり、危険予測能力が高いです。

10年以上製造時の検査業務に関わることにより問題解決の現場に携わる機会も同様に多かったため、問題の真の原因を突き止め必要であれば自分で製造工程の改善および報告書の作成も行ってきました。

そのため1円の低減はもちろんのこと1秒の低減、さらには1歩の低減、果てはそれが右足なのか左足なのかまで詰めて考えることができます。

※第2章に掲載されている内容の目的と解説

3年目はネット露出を最小限にし、リアルで最大限の結果を出すことにこだわったら…。

口コミで仕事の依頼がたくさん来るようになり、果ては企業からのヘッドハンティングな声もかかって驚きました。そして「実際にいくつもの内定を頂いた」のです。

人生で1番大変だったけど、人生で1番手応えのあった1年だったんですよね。

というか学生時代に5年飲食店で働き、卒業後は10年大企業で働いた経験があると…。

自分はわりと、どこの現場でも即戦力になれる「らしい」ということに気づきました。

むしろ「自分を過小評価し過ぎてた」「もっと早く冷静になるべきだった」のです。

だからみなさんもぜひ「客観的に自分を評価すること」を大切にしてくださいませ…。

【第3章】まず読んで頂きたい記事

この自己紹介記事はあくまで「総まとめ」です。この記事だけでは伝えきれません。

ですのでまたお時間ある時にでも、↓の5つの記事も読んでくださると嬉しく思います。

会社や学校を辞めたい人に伝えたいこと

SNSの使い方について

田舎への移住希望者に伝えたい大切なこと

古民家をリフォームして暮らすことについて

ブログ初心者に伝えたい大切なこと

※第3章に掲載されている内容の目的と解説

前章から続きますが、目的はあくまで読者さんに「冷静」でいてもらうことです。

そのため可能な限り「リスク」「デメリット」も掲載するよう心がけております。

現実逃避したい人には夢を壊すだけの内容かもしれませんが、何卒ご了承ください。

【第4章】ブログの更新情報およびSNSの使い方

「どのようなスタンスでSNSを利用してるか」も添えてアナウンスさせて頂きます。

「ツイッター」

基本的にブログの更新情報botですが、リプライには可能な限り反応しております。

「フェイスブックページ」

ツイッターと同様、更新情報の投稿とダイレクトメッセージの対応をしております。

③LINE

↑に登録しとくと更新情報がLINEで届きますが、機能的にコチラからの一方通行です。

④フィードリー

RSSリーダーも更新情報を自動的に手に入れることが可能ですが、やはり一方通行です。

インスタグラム

どちらかというと、日常のつぶやき的なものは現在コチラに投稿してますね。

note

有料マガジンは終了↑しましたが、買い切りマガジンは不定期ですが更新する予定です。

※第4章に掲載されている内容の目的と解説

過去に大失敗した経験から「現在のSNSの使い方は自分で考えて決めたもの」です。

そもそも承認欲求は非常に厄介なもので、ひとたび取り扱い方を誤ってしまうと…。

「とにかく私を見て!」みたいな自己中心的な考え方に陥ってしまいがちです。

そしていつか「SNSはキラキラ投稿のみ」的なルールで自分を檻の中に閉じ込め…。

「輝いてるのはその鉄格子や手足を拘束する鎖」だと気付くことが困難になります。

むしろSNS中毒はそれらを嬉々としてずっと磨き続ける、とても恐ろしい事なのでは?

ですので更新情報だけではなく「SNSの使い方」としても参考にして頂きたいです。

【第5章】pskのストレングスファインダー

ここまで読んでくださった人は、それなりにpskに興味をお持ちだと思うので…。

「当たりすぎて怖い」という↑の本の結果を↓に貼っておきますね。

①最上志向

優秀であること、平均ではなく。

これがあなたの基準です。

平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。

平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。

真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。

生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。

そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。
あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。

このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。

あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。

同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。

あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。

あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。

それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。

その方が楽しく、実りも多いのです。

そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

②公平性

あなたにとって、バランスはとても大切です。

あなたは、地位とは関係なく人々を平等に扱う必要性を強く信じています。

ですから、あなたは誰か一人が特別扱いされることを望みません。

あなたは、このようなことが利己主義や個人主義につながると考えています。

それは、一部の人がコネや、出自や、わいろによって、不公正な利益を得るような世の中につながります。これはあなたが心から嫌悪していることです。

あなたは自分自身を、そんな状況を作らないための監視役だと考えています。

このような特権がまかり通る世の中とは対照的に、あなたは、規則が明確で誰にでも平等に適用される矛盾のない環境で、人々は最高の働きをすると信じています。

これは、人々が何を期待されているかを分かっている環境です。

それは予測が可能で、公正な環境です。

これこそ公平さです。

このような環境でこそ、人は自分の価値を発揮する公平な機会を持ちます。

③調和性

あなたは同意点を求めます。

あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。

周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。

あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。

事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。

人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。

もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか?

あなたはそうなると信じています。

そしてその信念によって生きています。

他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。

他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。

他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。

あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。

それはしっかりした船です。

単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです。

④未来志向

「もし・・・だったら、どんなに素晴らしいだろうなぁ」と、あなたは水平線の向こうを目を細めてみつめることを愛するタイプの人です。

未来はあなたを魅了します。

まるで壁に投影された映像のように、あなたには未来に待ち受けているかもしれないものが細かいところまでみえます。

この細かく描かれた情景は、あなたを明日という未来に引き寄せ続けます。

この情景の具体的な内容―より品質の高い製品、より優れたチーム、よりよい生活、あるいはよりよい世界―は、あなたの他の資質や興味によって決まりますが、それはいつでもあなたを鼓舞するでしょう。

あなたは、未来に何ができるかというビジョンがみえ、それを心に抱き続ける夢想家です。

現在があまりにも失望感をもたらし、周囲の人々があまりにも現実的であることがわかった時、あなたは未来のビジョンをたちまち目の前に呼び起こします。

それがあなたにエネルギーを与えてくれます。それは、ほかの人にもエネルギーを与えます。

事実、あなたが未来のビジョンを目に浮かぶように話すのを、人々はいつでも期待しています。

彼らは自分たちの視野を広げ、精神を高揚させることができる絵を求めています。

あなたは彼らのためにその絵を描くことができます。

練習しましょう。

言葉を慎重に選びましょう。

できる限りその絵をいきいきと描きましょう。

人々はあなたが運んでくる希望に飛びつきたくなるでしょう。

⑤規律性

あなたのまわりのことは全て予期できる必要があります。

何事も秩序正しく計画される必要があります。

そのため、あなたは本能的に自分のまわりのことを秩序立てています。

毎日の日課を決めます。

あなたはものごとの進捗状況と締め切りに気持ちを集中します。

長期的なプロジェクトは、連続性のある具体的な短期計画に分割し、ひとつひとつの計画をきちんと実行していきます。

あなたはかならずしも几帳面でもきれい好きでもありませんが、決めたことが完璧に完了されることを求めています。

人生にはかならず混乱がついて回りますが、それに直面した時、あなたはその状況をコントロールしていると感じたいのです。

日課、進捗状況、秩序立て、これらすべてが、この状況をコントロールしているという感覚を生み出しています。

この規律性という資質を持っていない人たちは、あなたの秩序正しくしたいという欲求にいらいらすることがあるかもしれません。

しかし、衝突を避けることはできます。

あなたは、誰もがあなたのように何でも予測できることを望んでいるわけではない、と理解しなければなりません。

彼らは物事を達成する他の方法を持っているからです。

さらにあなたは、あなたが秩序を必要としていることを彼らに理解させ、さらにはその価値を認めさせることさえできるのです。

予想外の出来事に対する嫌悪感、誤りに対する苛立たしさ、あなたの日課、細部まで突き詰める傾向、これらはどれも、人の行動を制限しようとする命令的な振るまいだと誤解されてはなりません。

むしろ、これらの行動は毎日の生活で起こる障害に直面した時、あなたの前進と生産性を維持するための本能的な生き方であると理解されるべきなのです。

※第5章に掲載した内容の目的と解説

上記の特性5点を箇条書きにすると…。

pskは「最上主義の職人肌だけどチームワークも大切」「公平な協調性を持つことができる平和主義」「未来志向だけど既存のルールも大切にする」人間ということですね。

まったくそのとおりだと思います。というか、マジで当たりすぎて怖い、という感じ…。

ただ、こうしてストレングスファインダーでしっかり言語化できて良かったです。

何故なら「転職活動の大きな指針として非常に役だった」から。

その意味では非常に有意義なので、よかったらぜひみなさんも参考にしてみてください。

【第6章】アフィリエイト参加者宣言、免責事項、プライバシーポリシー

フリーランスを止める決意をした時に、一時期はブログを閉鎖しようと思いましたが…。

想像以上のセーフティーネットに育っていたので、現在もマネタイズを図っております。

①「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています

高知移住グルメ情報局は「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることによって「サイトが紹介料を獲得できる手段」を提供することを目的に設定された「アフィリエイト宣伝プログラム」である「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

②「Google AdSense」に参加しています

高知移住グルメ情報局では広告として「Google AdSense」を使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために「Cookieやウェブビーコン」を使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおける「ご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信」することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより「Cookieオプションを使用しないように設定」することができます。

③使用している「アクセス解析ツール」について

高知移住グルメ情報局では、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスは「トラフィックデータの収集のためにCookieを使用」しています。このトラフィックデータは「匿名で収集」されており、個人を特定するものではありません。この機能は「Cookieを無効にすることで収集を拒否」することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

④「免責事項」

高知移住グルメ情報局に掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが「その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除」する事があります。当ブログの情報を用いて行う行為の全て、および被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

⑤「プライバシーポリシー」について

高知移住グルメ情報局は「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めます。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)

1.個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。

2.個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。

3.個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。

4.個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

5.あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。

※第6章に掲載した内容の目的と解説

当ブログはゆるふわな自己実現ではなく、マネタイズを図る以上れっきとした商売です。

ですので、可能な限り責任の所在を明記しなければならないと考えて行動しました。

(なお、この第6章の文体は外部サイト「凡夫の特記事項」さん内に掲載の記事「ブログ初心者向け ブログやるなら忘れずにアフィリエイト参加者宣言と免責事項は書いておこう。」を参考にさせて頂きました。みなさんもぜひ参考にしてみてくださいませ…。)

以上です。

この記事は変更ありしだい追記および加筆修正を行います。