こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

先週末は、とあるイベントに参加するため…。

大豊町の山奥にある、その名も「カフェレーベン」へ。

聞いて驚いたのですが、なんとコチラは「大工とオーナーの2人で建てた」とのこと!

ログハウスビルドは自分のライフワークにする予定なので、非常に参考になりました〜。

しかしこれまた良い景色…。

冬は大変そうですが、夏は快適そのものですね!素晴らしい。

また今度は宿泊でも来たいトコロですなぁ。

おっと、話がそれました。本題は何だったのかというと…。

DSC00098

コチラです。そば打ち体験!何でもの地域の伝統的な文化とのことです。初耳でした。

DSC00113

それをその道◯◯年の大ベテランの人が伝授してくださるとのこと!楽しみですねぇ。

ということで、まずは達人の見本から。

DSC00112

粉をふるいにかけたら、水で3回まわすそうですが…。

リズミカルに混ぜることが重要!ちょっとしたダンスみたいですね。

DSC00116

お次はコネコネして練りあげましたら、生地の空気を抜きまして…。

DSC00118

赤ちゃんのお肌ぐらいのプニプニさになったらOKです。

DSC00132

そしたらつぶし、丸出し、四つ出し、肉分け、本のし…。

DSC00143

畳んだら切ります。さすが達人、流れが超絶スムーズです。

そしてお見事!

DSC00144

すっげぇ美しい蕎麦の麺が打ち上がりました…。職人技ですな!

お手本を見たら、お次は自分たちの番!

DSC00189

自分でやってみると感じるのですが、そば粉ってめっちゃ良い香り!

DSC00212

そして何より楽しい。やっぱり料理関連のワークショップを自分も開催したいですなぁ。

そんなこんなで、打ち上がりました!

DSC00222

達人と比べたらアレですが、想像以上に上手くできましたね〜。良かった良かった。

DSC00226

そしたらカマドで火を焚き、沸騰させたお湯の中で30秒茹でまして…。

DSC00238

キンキンの山水でビシっと〆ましたら…。

打ちたて&茹でたてな「手打ち蕎麦」の完成です!

なんというか、これ…ぶっちゃけ今まで食べた蕎麦の中で1番の美味しさでしたね…。

やっぱり「体験というスパイスに勝るものはない」んでしょう。ご馳走様でした!

ちなみにこの日は…。

DSC00093

会場ちかくの畑にて…。

DSC00083

「蕎麦の種」を撒きました。循環型イベント、素敵です。また次回も参加したいですね。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

いただいたご支援は古民家再生プロジェクトの資金にさせていただきます。ご意見ご感想は気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)