タイトル 001

こんにちは、ブログ歴は「約15年」とやたらに長いぴーすけ(@pskpsk1983)です。

先日「全記事リライト」の一環で特集「移住希望者に伝えたいこと」を完成させました。

が、他にも大切な「内容をアップデートするべきこと」があったことに気付いたのです。

それは「ブログのノウハウ関連の記事」でした。というか全部「削除」したんですが…。

熟考の末、「ブログを書く前に大切なこと」を新たに全5章にまとめることにしました。

ブログを始めたばかりの人や、そうじゃない人も、よかったらぜひご一読ください。

①「毎日更新ルール」を自分に課すのはやめましょう。

ブログは手段です

まず最初に1番大切な言葉から。それは「ブログは目的ではなく手段」だということ。

ですので、健全な形は「書くことがあるから結果的に毎日更新になっちゃった」です。

逆にひっくり返った不健全な形は「毎日ブログを書くためにネタを探す」ですね。

というのも、残念ながらぼくはかなり長い間「後者」でした。そして結果的に…。

たくさんの「信用を失ってしまった」のです。この記事はその根拠の詳細でもあります。

・確認しよう→「目的と手段が逆転して思考停止してないか?」

これはブログに限った話ではありませんが「年中無休だと逆に心身を破壊する」んです。

なぜならぼく自身が「書かなくて良いこと」「書かない方が良いこと」を見失ったから。

アウトプット過多で「自分の中に必要な物まで外に出してしまった」イメージですね。

書くことが無い時は書かない。当たり前のことを守らなかったツケは、必ず溜まります。

そして繰り返しますが、ブログは「目的」ではなく「手段」であることを忘れると…。

②「公私の切り売り(※特にプライベート)」はやめましょう。

ブログ思考停止更新

いつのまにか「自分を切り売り」するだけではなく「他人も切り売り」し始めます。

ぼく自身、彼女に怒られるまで「自分の行為の意味を見失ってた」時期がありました。

これは本当に、後悔してもしきれません。一生ぼく自身が背負ってく「負の遺産」です。

・確認しよう→「一生消えないデジタルのタトゥーを彫ってないか?」

デジタルタトゥー

というか、目的を見失ったネット上での過激な露出や、世間を煽る発言などの全てが…。

正直言って、「配偶者や子供に対するDVや虐待」のように見えてきた今日この頃です。

ようやく冷静になれた証拠だと思いたいのですが、自分の感覚が大げさなんでしょうか?

3年間も目が覚めるのを待ってくれた彼女には頭が上がりませんね…一生大切にします。

③「確実に成長するセオリー」なんて1つもありません。

そもそもブログは「100人いれば100通りの使い方がある」自由度の高いツールです。

だから「再現性なんて最初っから無いも同然」なんですよね。その前提は超重要です。

そのためブログは適当な「答え」ではなく丁寧な「問いかけ」を書く場に転換しました。

今は「毎日書け」「フォロワー増やせ」的な文脈がいかに愚かだったか痛感してます。

・確認しよう→「リライト(書き直し)を定期的に実施しているか?」

ただ、個人的に「成長の再現性がありそうな行為」と感じてるのが1つだけあります。

それは「過去記事のリライトや添削の作業」です。この行為は、すればするほど…。

自分のやってきたことの意味を「客観」します。特に「ポエム」の破壊力は抜群でした。

そしてぼくは「オピニオン」的な記事を読み返してる時、ふと気付いてしまったのです。

「逆張りや極論は心を破壊し思考停止人間を新たに生み出す麻薬に似た魅力がある」と。

だから恥ずかしさよりも怖さが勝って、結局全部消してしまいました…。

でも結果的にある意味での「顧客視点」を持つことができたので、成長と呼べるのでは?

それぐらいですね、実行する度に効果を感じるのは。本当に「リライトだけ」でした。

④オススメは具体的な商品を持った「ジャンル特化」です。

具体的な商品

個人的には「実名顔出しでの発信」「まったくオススメしてない」のですが…。

それをすることで「有利」なケースは0ではありません。ただし「条件」があります。

具体的な「商品」を売るためだったり、実在する「店舗」に来てもらうためだったり…。

「目標完遂への信念と覚悟ある経営者」ならリスクを上回るリターンの可能性も大です。

つまり「ジャンル特化」ですね。目標から逆算した計画と手段としての話ならOKです。

ただしそれでもメンタル崩壊のリスクは大きいので、正直「割に合わない」でしょう…。

というか、雑記ではなく「特化だったらそもそも匿名でもコスパは良い」でしょうしね。

ですので、個人的なオススメはやはり、実名顔出しではなく匿名のジャンル特化型です。

・確認しよう→「コストパフォーマンスの良し悪しを考えてるか?」

実名顔出しやデジタルタトゥーで負うリスクとコストは常に考えた方が良いですし…。

他にも「嘘、大げさ、紛らわしい」言動や行動は「バレた時の損が大きい」ですよね。

だったら「最初からそういうことはしない」と事前に合理化を図っておく方が正解です。

でも人間ですので間違いや失敗は付き物。完璧な人間なんていません。ですので…。

⑤内容に間違いがあった時は「素直に謝る」ことをしましょう。

間違えた時は素直に謝ろう

「謝る=負け」と思う時は「そもそも自分が敵を捏造してないか」確認してください。

同じように「謝る=死ぬ」と思う時は「自分が心神喪失をしてないか」確認しましょう。

それらの違和感を放置し自分の中に溜め込むと、いつか必ずメンタルが崩壊します。

ぼく自身がそうなりかけてたところを色んな人に助けられたので、説得力があるのでは?

だからみなさんも何か問題を起こしてしまった時、ぜひ落ち着いて考えてみてください。

・確認しよう→「自分がソシオパスと化してしまってないか?」

精神病質であるサイコパスの類似で、社会病質を表す言葉に「ソシオパス」があります。

サイコパスと違う点は、ソシオパスは「後天的に発症する可能性がある」ということ。

もしブログを書いていて「孤独と孤立」を感じた時は、特徴を確認してみてください。

そしてたくさん当てはまった場合は原因を排除し、社会復帰を目指しましょう。

まとめ:あくまで「ブログは目的ではなく手段」です。

執筆前、この記事に辿り着く人は「上手くいってない人が多い」のではと考えました。

そして原因は「ノウハウではなく前提からの間違い」の可能性が高いと思ったんです。

でも失敗を認めず、やり直すことを諦めたら、ブログで命を落とす可能性も高いので…。

この記事を読み、ブログは人生を楽しむための「手段」と思い出してくれたら幸いです。

大丈夫です。きっと今からでもやり直せますよ。ぼく自身が、やり直せたんですから。

 

※続編を書きましたので、よかったら↓の記事もご一緒にどうぞ。

【ブログ初心者が覚えるべき基礎や基本とは一体何なのか?それらに対する心構えの話】