タイトル 001

こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

1.「独自ドメイン」は最初から取得するべきだということ

ぼくは10年以上ブログを書き続けておいて、

「独自ドメイン(http://higashinaoki.com/)」

の取得は1年前でした。

乱暴に言い換えればブログ歴は

「その1年だけ」と言ってもいいほど、

「勿体無いことをした」と後悔しております。

※関連記事はコチラ→独自ドメイン導入時に注意するべきポイント3点【ライブドアブログ/お名前.com】

たぶん、ビギナーの人はなんで必要なの?と思うかもしれませんが…。

そんなことは「取得しながら考えても遅くはない」ですね。

そしてその「手続きの経緯」からも学べることはたくさんあると思いますよ。

2.毎日記事をUPする「だけ」じゃダメだということ

まず「目的」が何かハッキリさせた

「更新スタイル」であるべきだということ。

人との「縁」が目的ならエッセイやオピニオンを

「毎日」書いても良いのですが…。

ただ無作為に書くのは検索エンジンの

「評価」が落ちて収益が下がる可能性がありますね。

例えば↑の本に書いてあるとおり

「起承転結はSEOに向いてない」などなど…。

ぼくは知らずにそんなエッセイを書き続けてしまったワケでして。

つまり「勉強」しないアウトプットは後悔の素だったんです。

3.エッセイやオピニオンのUPが多くても検索上位の人がいる理由

ここで1つ、頂いたご質問にお答えいたします。

イケダさんはエッセイやオピニオン、500字ぐらいの記事も書かれてますが、検索エンジンでも上位にきているのはなぜですか?

それは一言で言うなれば、

独自ドメイン(www.ikedahayato.com/

を立ち上げて活動を開始するのが圧倒的に

「早かった」からですね。

そう、いわゆる「先行者優位」ということでして。

これに尽きますし、それが「1番難しい」トコロです。

さらに、そういう人たちは「工夫」し続けています。

だから、正直いまから同じような評価を得るためには、

ただ書くだけじゃ「ほぼ不可能だ」と感じてますね…。

4.「雑記ブログ」が陥りがちな「ジレンマ」について

ただ、実名顔出しでエッセイ中心の

「雑記ブログ」を続けて面白いなぁと思ったのは、

意外なワードが検索で1ページ目を取って、

それに関連する商品が想像以上に売れたりすることなんですよね。

だからそのデータを元に書き手の露出の無い

「特化サイト」を作ったらある程度戦えるかも?なんて考えてます。

まぁそうは言っても結局のところ、

「雑記or特化」「ジレンマ」にずっと悩まされそうな予感ですけどね。

5.「検索エンジン」を本当の意味で使いこなすべきだということ

まぁ、結論から言いますと大きな結果を出しているのは、

検索で1ページ目の記事「だけ」です。

そして数年書き溜めたエッセイが「足を引っ張ってる」状態。

ですので最近は複数記事を1つにまとめながらリライトしたり、

思い入れはあるけど読まれてない記事などは

「思い切って削除」をして整備を進めています。

そう、自分が検索エンジンを利用するように、

検索エンジンにも自分を利用してもらえるようにするべきなんですよね。

6.「短期間」で大きな結果を出している人がいることについて

もう1つ、頂いたご質問にお答えいたします。

あんちゃさんなど短期間で結果を出してるオピニオン・キャリア雑記ブログの方はどうなんでしょうか...??結局はオピニオン・雑記ありなしかよりも、工夫するかしないかってことですか?

彼女(www.mazimazi-party.com/)のような経緯に憧れるなら、

爆発力のある「はてブ」の恩恵が受けやすい

「はてなブログ」で始めるべきでしたね。

正直「ライブドアブログ」は孤独ですよ。

というかあれだけのレベルで

「リスクを取って自分をさらけ出しつつ工夫してる人」

はなかなかいないと思いますし、

真似できる人もなかなかいないと思うのが正直なトコロです。

7.「恥」をかきつづけた人「だけ」が続いているということ

どの業界でもそうだと思うのですが、

やればやるほど「後」から始めたことに気付くんです。

そして成長すればするほど「恥」をかいてることにも気付くワケでして。

そこから抜け出そうと「試行錯誤」をしている今もそうです。

さらにその試行錯誤はやってみないとわからないし、

やってみても「結果」が出るのは早くて数ヶ月後、

遅くて数年とか後の話ですので…。

あまりの「恥ずかしさ」にその結果が出る前に

「ほぼ全ての人が心が折れて書かなくなる」というワケですね。

そしてその結果は「良い場合」もあれば「悪い場合」もある。

それでも書き続けた人が、今も書き続けているだけです。

8.移転するなら「ワードプレス」を考えているということ

さらにもう1つ、頂いたご質問にお答えいたします。

私livedoorで日記を主としたものを10年ほど書いてきましたが今となってはSEO的にはかなりゴミ感を感じています。書きかえるのもちょこちょこはやっていますがものすごく大変ですしね・・。ぴーすけさんはlivedoorからかえるつもりはないのでしょうか?

移転するなら試行錯誤の自由度が高い「ワードプレス」ですね。

というか「最初」っからそうしたほうが成長度は高かったかもしれません…。

ただ、今後はネット上の執筆活動だけではなくて、

大工や山師の「リアルなスキルのUP」にも注力する予定ですので、

ブログにそこまで時間はかけられそうにない感じです。

だから移転時期はまったく「未定」ですね。

そんな感じで、みなさんもお手持ちの

「時間」と照らし合わせてどこで書くか検討してみてください。

9.「遅い」はあっても「遅すぎる」はないということ

ピラミッド型と例えてますが実際は

「タケノコ」のような勢いでぐんぐん伸びます。

ぼくでさえいつのまにか「中堅」みたいな扱いをされるレベル。

ですので、繰り返し言いますが「恥」でも続けていれば何かしらの結果は出ます。

何かを始めるのに「遅すぎる」なんて無いということですね。

ただし「いまさら?やめときなよ」てなことを言われた時に

「尻込みしちゃう程度の気持ち」なら止めといたほうが良いです。

10.「書いて」「書き直して」の試行錯誤を繰り返すということ

1000記事あるうち半分以上は「ゴミの山」なので、

とりあえず500記事まで集約しながら絞る予定ですが、

ようやく3割ほど作業が進んだぐらいでして…。

実は今のブログは5つ目なんですが、

試行錯誤が0だったことを「本当に後悔」してます。

だから今から書き始めようと思ってる人は、

「勉強しながら」「考えながら」が本当にオススメです。

そして「書いて」「書き直して」の試行錯誤を繰り返しましょう。

ぼくはそれを始めて1年。

やっと最近になって「手応え」を感じ始めたのですから。

みなさんはもっと早く「そこ」に辿り着くことを願っております。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)