こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

コツコツと「桑ジャングル」の伐木を進めてきたのですが…。

DSCF0863

いやぁ、相変わらず「山番」をするのはめっちゃ「大変」ですね…。

「手斧」だけで切るとわかりますが、昔の「木こり」さんは本当に凄いと思いますわ…。

やはり「チェーンソー」が大活躍!

ただし「怪我」だけはしないように「慎重」に作業をしてきました。

しかしある時!

なんと「刃」「ガイドバー」から外れて「脱落」してしまったのです!

DSCF0868

その「瞬間」「刃」が体から離れてたので大丈夫でしたが、ヒヤリとしましたね…。

そして「刃」が「変形」して「固着」してしまいました。

DSCF0874

こうなってしまってはもう「交換」するしかありませぬ…。

が、なにも「反省」しなかったら同じ「失敗」を繰り返してしまいます。

「安全第一」のためにも「刃」が外れた「原因」を書き残しておきましょう。

①刃が「伸びて」緩んでいた

DSCF1686

そもそも「刃」「チェーン」だから「伸びる」んですよね。

今回はこまめな「点検」が出来なかったので、見落としてしまったのでしょう。

「始業前」のチェックは欠かしてはいけませんな…。自分の身は自分で守る!ですね。

②刃の「目立て」が不足していた

「過去の記事」でもお伝えしましたが…。

DSCF1695

「切れない」状態で使うと「引っ掛かり」が発生して外れる可能性もあるワケでして。

そういった意味で、やはり「目立て」の状態チェックと「研ぎ」は欠かせないですね。

③チェーンの「オイル」が不足していた

「燃料」を満タンにしたら「チェーンオイル」も満タンにしないといけません。

DSCF1699

外れた時に見たら「空っぽ」だったので、オイルが残ってるかのチェックも必要ですね。

そして「刃」を「交換」する時の「注意点」も。

ぼくは「440」というモデルの「中古品」「格安」でGETしたのですが…。

調べてみたら「ガイドバー」が純正とは違う品が付いてたっぽいんですよ。

DSCF0872

ですのでみなさんも必ず「ガイドバーに書いてあるサイズ」を注文しましょうね。

ぼくの場合は「18”(45cm)」「325”(72DL)」「050”(1.3mm)」でした。

DSCF1677

てか「メール便」でサクッと届いたので助かりましたね〜。便利な世の中ですなぁ。

さっそく「交換」しましょう。

DSCF1682

そうそう、バラした時に「汚れ」「掃除」するのも大切な「整備」ですぞ。

DSCF1689

さて、無事に交換が終わりましたら刃の「締め付け」「調整」しましょう。

DSCF1690

「見た目」「刃がガイドバーにピッタリ」なのですが…。

DSCF1734

「触感」としては「引っ張った時にリンクがガイドバーから外れない程度」ですよん。

ではではみなさんくれぐれも「安全第一」で!

DSCF1706

おっと、「替刃」が届くまでの間に「新芽」が出てしまってたじゃないですか…。

DSCF1713

あまり「成長期」に切るのは良くありませんが、今回は売らない「皆伐」ですのでOK。

DSCF1716

今度は「新品」の刃が外れないように「点検整備」「慎重」に作業しましたよっと。

ということで「桑ジャングル」の伐木が「完了」いたしました!

いやぁ、「1年」かかりましたよ…むしろ「出来るとは思ってなかった」んですよね。

想像以上に自分自身が逞しく「成長」できたなぁと思えて嬉しいですな。

そんなこんなで、現場からは以上です!

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)