こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

毎日「土まみれ」になりながら古民家をリフォームしてます。

完成後は「宿」としての営業許可を取りしだい、

「田舎サバイバル教習所」

として「ゼロの家」を再スタートさせる予定なんですけどね。

こんな感じで日々

「アウトドアやDIY好きのための “拠点” を作ってますよ〜!」

と発信し続けているワケでして。

すると「面白そう!見学させて!」という反応が多々あります。

そんなときは↓の記事のような内容の

「ワークショップ」

的なことをしながら古民家をご案内したり。

さらに「何かお手伝いしていきましょうか?」と有り難い声も!

DSC04599

そんなときは

「お言葉に甘えさせて」

いただくようにしております。

DSC04604

この日もこんな山奥まで、

なんと「5人」の方々が

駆けつけてくださいました。

基本的に「1人」なので、正直めちゃくちゃ助かります…。

みなさんのおかげさまで

「土壁」を袋に詰めて片付けることができました!

1個20kgが約50個なので総量1tオーバー!

1人でやってたら「腰」を壊してたかも…。

そしてマダムたちは「間引き」も手伝ってくださいました。

DSC04603

いやぁ、忙しすぎて「放置」してたんですけどね…。

DSC04609

おかげさまでこの「家庭菜園」スペースも超スッキリ!

しばらく「間引き菜パーティー」ができそうです。

これだけ量があれば買い出し1回行かなくて済みますね!

コチラもめっちゃ助かります…。

なお、いまは「1ヶ所」だけでの栽培ですが、

今後はもっとたくさん開墾して畑を増やして

「食料自給率」をUPさせたいトコロですよん。

さらに!「屋根裏」のお掃除までしてもらっちゃいました…。

DSC04607

「いつかはやろう」と思ってたのですが…。

まさかこんな「一瞬」で終わるとは!

「1人」で頑張りすぎないということ、

そして「勇気」をだして助けてもらうこと、

それらの「大切さ」を改めて感じました。

「薪」も当分のあいだ困ることはなさそうです。

DSC04623

屋根裏のお掃除で大量に出てきた

「廃材」たちは細切りにして収納。

ガスは契約していないので、

これらは貴重な「燃料」となります。

さっそくカマドでお湯を沸かして「お茶」を入れました。

DSC04619

火をおこし、まわりを囲んで「暖」をとりつつ歓談タイム。

なお、最近こういった質問が多いのですが、

「煮炊きで火を使う場合」などは

「野焼き」ではなく「生活の範囲内」です。

こんな感じで注目度が上がれば上がるほど、

「厳しい人たちから監視されるリスク」

が増えるのが悩ましく感じる今日このごろなのですが…。

拠点を作り育てる楽しさは、そのリスクを補い余るほど魅力的。

DSC04616

差し入れで頂いた「おはぎ」が美味しい。

そしてみんなでワイワイしながら

このリアルな「拠点」の今後について話し合う。

この瞬間や少しずつ形が出来ていく過程は、

他の大変なことや辛いことの

「全て」を包み込んでくれるような

「魅力」を強く感じますし、

もうちょっと頑張ってみようと思えます。

そして繰り返しになりますが、

みなさんのおかげでなんとか続けられそうです。

いつもありがとうございます。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

 

著者のプロフィール的な記事たち

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)