こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

突然ですが、この時期の「山奥の古民家」って…

「クッソ寒い」ですね。

ほんのちょっと前まで、

「笑顔」な坊主頭だったはずだったんですよ。

でもいまやもう、

「真顔」でずっとコタツムリ状態でして。

いやぁ、コイツは参っちゃいましたねぇ…。

山奥の古民家で過ごす「冬」を、正直ナメてました。

いや、寒そうな予感はしていたので

「スキマを塞ぐ改修作業」を常に進めていたワケですよ。

だがしかし!

このタイミングで壁に「大穴」が開いてしまったのです…。

ええ、その、なんといいますか…。

「冬こそDIYの季節だぜ!」と言いながら張り切りすぎました。

でも待ってください。

いくらなんでも、ちょっと寒すぎませんか?

みなさんご存知の通り、

まさか狙ったかのように「大寒波」がやってきてしまうとは…。

このままでは「家にいながら遭難している」みたいなレベルの話です。

だから仕方がないので、

古民家の部屋の中に「テント」を張ってみることにしました。

DSC03718

うーむ、まさか会社員時代に

夏フェス用」に買ったものをこのような形で使うことになるとは…。

ま、ある意味これは「移住」「田舎暮らし」を含めた

「冬フェス」みたいな感じもしますけどね(笑)

そんでもって、その中に「羽毛布団」を敷いてみたのですが…。

なんなんすか、これ。

DSC03721

「超ウルトラ快適」じゃないですか!

前日とはうってかわって、

それはもう「朝までグッスリ快眠」でしたよ。

いやはやなんとも、

「眠りが浅い」のも「なかなか起きられない」のも全部、

「寝床が寒かったから」だったんですねぇ…。

ほんとうに「最高の目覚め」だったので、

開き直って今シーズンは「部屋テント」で過ごすことに決めました。

てか、この調子で「逆境も楽しんでしまおう」と思います。

なんというか、

「自分の思い通りにならない出来事」に遭遇すると、

豆腐メンタルなぼくはよく「泣きたくなる」ワケなんですが…。

冷静に考えたら「泣く以外のことも選べる」んですよね。

どうせなら「笑い飛ばして生きていけたらなぁ」って思いました。

ちなみにこの「モンベル」めっちゃ組み立てやすかったですよ。

「自信を持ってオススメできる商品」でしたので、

また「個別に紹介記事」を書きますぞ!

よかったらみなさんお楽しみに〜。

そして「体験を売る」をやっぱりナリワイのテーマにしたい。

そうそう、今後は「DIY」の活動に限らずに

「アウトドア」「サバイバル」の知識や経験を、

「コンテンツ」「実体験」という形で提供していく商売をしていきたいですね〜。

反応も上々みたいですし。

「ワクワク感を売っていく」とも言えますなぁ。

そういった意味で例えばですが、

「泊まれるワークショップのテーマパーク」みたいなイメージ、

いかがでしょうか?

とりあえず、今年中に何らかの形での「実現」を目指していきますね。

そんでもって、有料マガジンで赤裸々なエッセイを連載中!

興味を持たれたかたは、ぜひぜひご1読くださいませ!

あなたの購読が、この「古民家再生プロジェクト」「後押し」をしますよん。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

 

著者のプロフィール的な記事たち

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)