みなさんこんにちは、

NPO法人「元気おおとよ」ヘルプマン(サポーター)

でもあるぴーすけ(@pskpsk1983)です。

1.何気に人気コーナーになりつつある「つげハウスP」

前回の記事で

「カベをブチ抜いて踏み台を作成したレポート」

をお送りした「つげハウス」プロジェクト。

なんというか、

UPするたびにけっこうな反響があるので、

「自分でもDIYでやれそうな内容」

というのは一定の需要がありそうですなぁ。

さて、前フリはこれぐらいにしておきまして…。

DSC02714

今回の内容は「勝手口となる2畳間の床の処理」となります。

DSC01479

↑Beforeの画像を見るとおわかりのとおり、

けっこう「畳が傷んでいた」んですよね。

畳をやめたいけど、フローリングにする予算は無い…。

でもどうせカーペットを敷くので、

とりあえず板張りになってたらOK!

というか畳をやめるなら、

そのぶんの高さを使って断熱材を入れてみたい!

てな感じの依頼でした。

それではさっそく

「その場にあるもの」も活用しながら目標を達成してみましょう〜。

2.とりあえず余っていた角材を「根太」にしてみる

というのも、

「8mほど使えそうな材料があった」んですよね。

DSC02717

この日はえんたくさん(@Entaku98)も参加してらしたので…。

ノコギリを渡して彼に切ってもらいました。

DSC02719

計って、墨付けをして、切って、ビス止めという感じ。

つまりこんな「ちょっとした作業でも4工程もある」ワケでして。

だから1人でやるより2人でやったほうが断然早いですね。

3.「根太」のあいだに「発泡断熱材」を入れてみる

古いおうちってそもそも

「断熱といった発想そのものが無いような作り」が多いんですよ。

だから「試しに入れてみた」レベルのリフォームでもかなり効果を体感できますぞ。

DSC02724

そんなこんなで今回使用するのは「発泡タイプ」の断熱材です。

あ、カッターで切るときも

コチラの「マルノコガイド」「クリップ」があると何かと便利ですよー。

DSC02721

ちなみに「床下からの湿気」が気になる人は

「気密シート等で遮断してからの施工」がオススメです。

今回は依頼内容に無かったのでこのままでいきますよっと。

4.板を切ってビス止めをする

断熱材、無事に入りました!

DSC02725

すでに暖かく感じます。

スゴイなぁ、文明の利器…。

さて、そしたらあとは

「根太の上に板を乗っけてビス止めするだけ」です。

あ、そうそう相変わらずこのマルノコ調子良いっすよ!

DSC09966

集塵機能&ブレーキ付き!

さらに「左勝手仕様」でかなりの使いやすさ。

コチラも超オススメのアイテムです。

さて、板を切り出したらカンナで微調整をしまして…。

5.できました!

「部屋自体が正方形ではなかった」

のでなかなか難しかったですが…。

DSC02728

なんとか「その場にあるものでやりくり」しながら

「畳から板張りにリフォーム」できました!

NPOのYさん曰く「あとはカーペットを敷いて完成」とのことです。

ひとまず冬本番前に、勝手口と床ができあがって良かったですねぇ。

以上、こんな感じで今年の「つげハウスP」に関するDIYは納めましたよっと。

また来年のUPをどうぞお楽しみに〜。

 

カテゴリー「建築」内の人気記事3選

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)