こんにちは、なんとかしてナリワイを作れないかと試行錯誤しているぴーすけです。

1.柚子を機械で絞る時に大量に出た種

有料マガジンのほうに詳細を書いてますが、

↓の動画のとおり「搾汁時は大量の種が出る」んですよね。

その種たちは

「基本的に廃棄してしまう」とのことでしたので…。

DSC01178

「何かに利用できないか?」と考え、

その時に「500g」ほど頂いて来てたワケでして。

2.その種たちを干網で「天日干し」してみた

いやー、初めて買いましたよ。

DSC01395

この「干網」ってヤツを!

DSC01403

でも、なんかいい感じですね〜。

そこはかとない「田舎っぽさ」を感じさせるアイテムですなぁ。うんうん。

3.それなりに乾きましたが

DSC01527

3日ほどお日様に晒した感じがコチラ!

パリパリに乾いているように見えます。が、しかし…。

絞った時の「実が少しついたまんま」だったトコロに、

「ベタつき」が残っちゃってますねぇ。

商品にするならやっぱり1度「高圧洗浄」かなんかで

「残りの実を吹き飛ばしておく」ほうが良さげです。

4.試しに「柚子種化粧水」を自作してみた

ググってみたら1番簡単なのは

「化粧水」とのことでして。

ということでさっそく計ってみましょう!

あ、コチラのクッキングスケールも重宝してますよ〜。

DSC01530

そんでもって「種100g:水300ml」でペットボトルにin!

DSC01540

「種1:水3」の配合イメージですぞ。

5.焼酎バージョンも!

DSC01531

コチラは「種40g:焼酎400ml」で作成!

DSC01538

「種1:焼酎10」の配合イメージですぜ。

6.Before

DSC01544

作成直後の様子です。

てか、水のほうは既に「にごりはじめてる」感じですね〜面白い。

なお、試作段階のため「種と液体の配分」

これといった「根拠はまだございません」のでご了承くださいませ〜。

7.After

DSC01709

3日後、水も焼酎も同じぐらいになりました。

ちなみに焼酎の方を試しに舐めてみたのですが、

「薬膳酒みたいな味」でしたねぇ。

まぁ、飲めないことはないと思います。

8.とりあえず自分で実験!まずは水ver.から

スクリーンショット 2016 11 17 13 50 46

お、トロトロですね〜。

スクリーンショット 2016 11 17 13 47 33

むむっ!

スクリーンショット 2016 11 17 15 54 49

めっちゃ爽やかな香り!これは気持ちいい。

スクリーンショット 2016 11 17 13 49 10

だがしかし塗りすぎはコテコテ感が…。

思わずタオルで拭き取ってしまいました。

9.焼酎ver.も!

スクリーンショット 2016 11 17 13 54 02

ぬおっ これはなかなかのアルコール臭…

スクリーンショット 2016 11 17 15 56 43

むは〜 酔っ払いそうな雰囲気

スクリーンショット 2016 11 17 13 59 20

ん?

スクリーンショット 2016 11 17 14 04 59

アルコールがすぐに揮発するからなのでしょうか、

まったくベタつきません!

むしろ「超絶サラサラ肌になった感じ」がします!

たぶん、

「すぐに揮発→肌に吸収されていると錯覚してしまう」

というプラセボ効果もありそうですね〜。

スクリーンショット 2016 11 17 14 04 00

とりあえず、使用後感は最高です!

いやぁ、この実験も面白かったですなぁ。

結果としてまとめますと、

「水ver=使用中は超爽快だが使用後にヌルヌル感が残る」

「焼酎ver=使用中はアルコール臭いが使用後は超爽快」

という感じになりました。

心なしか肌ツヤが良くなったような気がします。

そんなこんなで、

需要があれば「化粧水用に乾燥した種の販売」にも挑戦してみますかね!

10.コチラの記事もオススメです

上記の「乾燥柚子種」以外に、

「手絞りの柚子果汁」も今年は数本テスト販売してみたいですなぁ。

参照:【スーパーハンドジューサー】柚子の「絞り方」で味が変わるのか実験してみた(人生ドロップアウトドア)

はたしてどうなることやら?

とにかく、今後もこんな感じでコツコツと「ナリワイづくり」を研究していきますね〜。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)