こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

「無いものは作る!」をモットーにしています。

(※この記事は2016年9月2日に初掲載し、2017年2月17日にリライトしました。)

電動丸ノコ(バッテリータイプ/USA仕様)を愛用中なのですが

相変わらず「出番多い」ですよ〜。

メインで頑張ってくれてます。

DSC08990

まぁ、コイツにはまったく不満は無いのです。

「コスパに見合った性能」ですしね。

物足りないのは定規の「長さ」

このマルノコガイドもメチャ便利なのですが、

いかんせん「1m」までしかないんですよ。

DSC09000

ガチなDIYをしていると

「1000mmなんて短い」んですよね。

だから「もっと長いのが欲しい」と思ってたのですが、

買う予算もなければそんな商品も無いので困ってたのです。

約2mの「ロング定規」を自作してみることにした

DSC08992

まぁ「そんな時は作れば良い」んですけどね!

ということで用意したのは

「長さ1820mm×厚さ12mmの合板」です。

わりとドコのホームセンターにも売っているタイプですよん。

DSC09003

それを1000mmの定規を移動しては

「クランプ」で止め直し…

という感じで切ります。

DSC09005

とりあえず、体感的に

「幅200mm」ぐらいが定規としてちょうど良さげですね〜。

DSC09007

そしたら今度は

「厚さ20mm」の集成材を

「幅30mm」にカットしまして…。

DSC08996

マルノコの左端から刃までの距離」を測ります。

ちなみにこのUSA仕様は「33mm」でした。

DSC09008

そしたら集成材を合板の

「右端」から33mmの場所に裏からビスで取り付けます。

先に適当な位置に取り付けてから、

合板をマルノコで「カットして完成」でもOK!

合板12mm+集成材20mm=32mmだったので

「28mm」のビスでOKですよっと。

DSC09014

サクッと「右側に定規」ができました!

あ、「左側には別のマルノコ用」を後で作りますよん。

DSC09019

さて、さっそくですが合板を1枚切ってみます!

そう、「目的があったから作った」のです。

スプリングクランプはなんだかんだ4つ(2ペア)あると便利

っと、その前に「ワンポイントアドバイス」を。

DSC09023

今までイロイロ試してきた結果、

「クランプは材料に1ペア、定規に1ペアの合計4つあると作業が捗る」

ということが判明いたしました!

このやり方は「超オススメ」ですよん。

めちゃくちゃ楽に1820mmが切れました!

DSC09022

それでは話を戻しまして切り始めてみましょう。

1820mmを「一気に」行きます!

DSC09026

ギュイギュイ~ン!

「ズバズバズバーッ!」

カランカランコロン…。

DSC09030

はい、「あっちゅーま」です。

定規の位置を変えること無く一瞬でした。

いや〜コレは「楽チン」ですね!

そんでもって「左側(逆側)」には別のマルノコの定規を

先日から導入したNEWアイテムの

「粉じんマルノコ」なのですが…。

あ、このマルノコも「両利き用」なのでオススメですよ〜。

DSC09030

せっかくなので、「左側(逆側)」にガイドを作成!

DSC09030

めっちゃ快適です。

うーむ、やっぱり「道具まで自作」してこそ

「DIY」の醍醐味ですなぁ。うんうん。

DSC09030

いかがでしょうか?

こんな感じでみなさんも

「ロング定規」を自作してみては。

きっと今まで以上に作業が捗りまくると思いますよっと。

なお、有料マガジンでは「ガチ」なリフォーム日記を連載中!

興味がある人はぜひソチラもご購読くださいませ!

参照①:ぴーすけの脱サラ&移住日記完全版(月額300円)

参照②:ぴーすけの古民家「ガチ」リフォーム日記(買い切り500円)

ということで、現場からは以上です。

 

カテゴリー「建築」内の人気記事3選

あ、ご意見ご感想はお気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。フォローもモチロン大歓迎です!みなさんどうぞヨロシクお願いします〜。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)