こんにちは、今後は燻製コンテンツ一層が充実していきそうな予感のぴーすけです。

■1.読者さんから燻製関連のギフトを頂いちゃいました

北海道在住のMさんが

『燻製と言ったらぴーすけさんだと思って』と、

超絶美味しそうな燻製商品をわざわざ郵送してくださいました。

ありがとうございます!

■2.直筆のメッセージにめちゃくちゃ励まされます

ぴーすけさんへ

いつか協力できたら…と思ってました。

彼女さんと、お客さんと そしてもちろん

1人で楽しむもよし…です。

のんびりした時間がすごせますよーに

そして 虫に襲われているようなので>﹏<

虫よけスプレーになるという「ハッカ」を

同封しますね。

食べられるし無害とのこと…詳しくは

ネットでいっぱいです。

ではでは… また、ブログ楽しみにしてます。

開封した時、

ぼくと(ちょうど古民家に遊びに来てた)ウチの彼女さんで、

その筆跡と文章を見て『か、可愛い…。』とKOされてしまいました。

直筆の破壊力ってハンパない!

PCやスマホで読むフォントでは伝わらない、

その人の優しさや心の美しさという部分が、

紙に手書きされたものだとこれほどまでに伝わってくるんですね…。

毎日わりと失敗だらけで凹むことも多いのですが、

おかげさまでこれからも頑張れそうです。

そして今後は、

ぼくもMさんに習って直筆を添えるようにしたいなぁと思いました。

あ、実際の紙面はぼくの宝物ですので、画像は控えさせていただきますね(笑)

■3.肝心の「燻製コーヒー」の味は濃厚かつ後味スッキリ!

DSC07923

さてさて、

そろそろ燻製フリークとして本題に入らねばいけませんね。

DSC07925

タモとエンジュのウッドチップで燻製とな!

どちらも初耳の素材。めっちゃ気になる…。

DSC07929

うーむ、いいですねぇ。

こういうクオリティの高いインディペンデントな商品って。

DSC07933

自分もこういうの作りたいなぁ…。

ま、とりあえずまずは1パック飲んでみましょうか。

あ、そうそうプラスマイナス0の電気ケトル良い感じですよん!個人的に超オススメ。

DSC07951

最初は数滴お湯を垂らして1分ほど蒸らしたら、

そのあと徐々にお湯を足してドリップ!

DSC07956

うぉ、なんなんでしょう、めっちゃ色濃くないですか??

スゴイですね、この黒々さ。

そんでもって、肝心の味なんですが…。

見た目通り超濃厚でビター!でも後味超スッキリ。

コレは美味い…そして飲んだこと無い味ですな。

思わずもう1杯出がらしを入れました。

てか、この角が取れて丸い輪郭になったイメージはまさに燻製の味わい!

いやはやなんとも、面白いですね!

コレ、いつか自分でも作ってみたいと思います〜。

■4.そして一緒に入ってたお菓子との相性良すぎ

Mさんのセンスに脱帽しました。

この超絶濃厚なポテトチップスなのですが…。

DSC07962

これでもか!

ってレベルで燻製コーヒーと合いまくってびっくらこきました。

DSC07960

みなさん騙されたと思って、

この組み合わせを味わえるチャンスがあったら絶対に逃さないでくださいね!

きっと気に入っていただけると思いますよ。

わりとマジで言ってます。

■5.北海道に行ったら「りたる珈琲」に寄るしかないですね!

DSC07932

北海道旅行は会社員時代に1回行きましたが、

また行きたくなってきましたね〜…。

その時は絶対に寄りたいスポットとして、

この燻製コーヒーの生まれた

「RITARU COFFEE」がぼくの中で暫定1位となりましたよん。

いかがでしょうか?

その時はもちろんコチラにてレポートいたしますので、

よかったらこれからもチェックしてみてくださいね〜。

以上です。それではまた!

 

カテゴリー「グルメ日記」内の人気記事3選

あ、ご意見ご感想はお気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。フォローもモチロン大歓迎です!みなさんどうぞヨロシクお願いします〜。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)