昨日と今日の2日間、友人のえんたくさん(@Entaku98)が古民家に遊びに来てくれたのですが、内容が濃すぎたので今日から数回に分けてレポートいたしますね。

■1.猟師さんが捕ったシカを手土産に持って来てくださいました

DSC07469

まずはコチラ!そう、捌きたて新鮮なシカさんのお肉(約2kg)です!

ちなみに、えんたくさんは猟師さんと一緒にこのブロックの形まで解体してきたそうで。

参考:地元の猟師さんと一緒に鹿をさばいた話(旅する百姓 えんたく)

いやぁ、ぼくも狩猟の免許を取ろうと計画しているレベルでジビエに元々興味があったのですが、これほどまで「さっきまで生きていたかのような肉」は初めてでした。

■2.そのブロックをさらにスジ取り&血抜き処理

DSC07471

なんというか、生々しさがハンパないですね…!!命を頂いている感が凄まじいです。

DSC07483

ジビエもけっきょく、お店で食べたらそこらへんの感覚が抜け落ちてしまうのかも…。シカさん、命をありがとう、いただきます、という感謝の気持ちが自然に湧いてきました。

■3.まずはBBQコンロでシンプルに焼き肉してみた

見てくださいよこの赤身オンリーの爽やかさ!頑張ってスジ取ったかいがありましたね。

そんでもって、実際のお味は…むむ!めちゃくちゃ胃に優しい感じ!アブラ感0です。

これは大袈裟じゃなく、マジでいくらでも食べれそうなクオリティ!新鮮さ恐るべし。

DSC07492

途中でゲリラ豪雨になりましたが、そのまま軒下にて夢中で食べ続けたレベルでした。

■4.カマドでコンソメスープを作ってみた

そうそう、大雨が降る前にモノは試しにとスープを仕込んでおいたんですが…。

DSC07485

これは旨い!優しい甘みと、奥深い余韻のあるコクが、じんわりと口の中に広がります。

DSC07524

ただ、薄味のスープはお肉が出汁ガラみたいになってしまうので注意ですね〜。

■5.シャトルシェフでトマト煮込みにしてみた

そこで愛用の真空保温調理器の出番ですよ奥さん!

DSC07527

高知県産の激ウマ野菜たちをドカ盛りにして加熱して、あとは保温容器にブチ込むだけ!

DSC07549

味付けほとんど無しで激ウマ煮込み料理の完成!これはマジでお店で出せる味でしたね。

ちなみにえんたくさん(@Entaku98)は「おし!ぼくもシャトルシェフを買おう!」ってな感じでその場でご購入を決心されましたよ(笑)

いかがでしょうか?もしみなさんがシカ肉をGETするチャンスに恵まれましたら、下処理と調理にチャレンジしてみては。やれやるだけ美味しくなりますよ。それではまた!

 

カテゴリー「グルメ日記」内の人気記事3選

あ、ご意見ご感想はお気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。フォローもモチロン大歓迎です!みなさんどうぞヨロシクお願いします〜。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)