みなさんこんにちは、昨年の夏に愛知から高知に入藩(?)したぴーすけです。

■1.「はちきん」的な恋愛記事を書くブロガーさんが脱藩して石川にいた

1年半前にイケダさんの旧ブログ塾(現メディアラボ)に入会(現在は予算の都合で退会)時に、高知出身で石川在住のブロガーである坂本さんと知り合ったんですけどね。

坂本さんはハッキリ&サバサバ系で男を手玉に取る「はちきん(男勝りな女性という意味の土佐弁)」的なアラサー男女にグサグサ刺さる恋愛記事を書いてらっしゃいまして。

参考:【恋愛】65点以上で付き合って、70点以上で結婚したほうが曖昧な理想でチャンスを逃さないですむよ(坂本、脱藩中。)

それらの記事が個人的にツボで、いつか会ってみたいと思っていたワケでして。

■2.その坂本さんが出産のために高知に一時帰郷するとのことで

そんな時になんと!おめでたいことにご懐妊…というか、すでにもうすぐ出産予定とのことで、現在は石川から高知に一時帰郷しているとの記事をUPされてたんですよ。

参考:【坂本、孕む】というわけで、男の子が腹の中で暴れています(坂本、脱藩中。)

なんか、お互いに「今しか会えないんじゃね?」と思った感じだったんですよね〜。

というワケで、どちらからと言うわけでもなく自然に連絡を取りあい、先週の土曜日にランチの約束を取り付けお会いできることになりました。

■3.ブログの印象そのままの「はちきん」女性でした

DSC06899

なんというか不思議なモノで、実際に会うのは初めてなのにお互いがお互いのブログの読者だと長年の友人みたいなトークができるんですよね!ブログってスゴイと思います。

印象的だったのが、恋愛&結婚の話題になった時にノートを取り出して図解で説明してくれたこと。これ、ゆるゆる系な男性にはない発想ですよね。

なぜかと言いますと…例えば、男性は「仕事」と「プライベート」は別々のカバンに入れながらスロープ上の坂を登っていくイメージじゃないですか。

でも逆に女性は「仕事」も「プライベート」も1つのカバンに入れて「恋愛ステージ」「結婚ステージ」「出産ステージ」「育児ステージ」という階段を登っていくイメージ。

だから、男性は仕事では図表を作るけど、プライベートでは図表は作らない人が多い。

でも、女性は仕事もプライベートも1つのステージの中の出来事として繋がっているから、それぞれの枠が重なっている部分を明確にしてクリアしていきたい、という感じ。

「旦那に説明する時に図表で書き出すと、いつもより話をしっかり聞いてくれるんですよね。」と言う坂本さんは、いろんな意味で男勝りな「はちきん」だと思いましたね。

というか、ブログの印象そのままでした(笑)いやぁ、いいですね!リアルに繋がれることのできたブログ友達って、地元のグダグダな関係の友人とは一味違う感じがします。

■4.ぼくの彼女さんと坂本さんの「はちきんトーク」は強烈

DSC06894

そんでもって、この日はウチの彼女さん(はちきん女性)も一緒に参加してくださったんですけど…「はちきん女性×2」のトークは強烈!ぼくは終始タジタジでした。

恋愛トークなんてとりあえず「金銭面でオトコと別れられなくなるのは絶対にイヤだから女性も経済的に自立するべき」というお話で盛り上がってたり。そ、そうですね…。

他にヤバかったのが「高知でのお酒の飲み方」の話(笑)ぼくは2人から「そんなレベルじゃお酒を飲んだ気にならないほうが良いよ!」と言われたり…。はい、覚えときます!

ランチを終えた後にウチの彼女さんから坂本さんに対して「後ろをついて行きたくなるような姉御肌。高知の女性って感じ。」という感想をいただきました。その通りですね〜。

■5.坂本さんが素敵な写真を撮ってくださったのでプロフィールにします

坂本さんは旦那さんと共通の趣味で1つのカメラをシェアしながら使っているそうなんですが、たくさんぼくらの写真を撮ってくださったんですよね〜。ありがとうございます!

DSC06895

データで送ってくださった写真が非常に良い物ばかりでしたので、SNSのプロフィールやカバーに使わせて頂くことにしました。いいなぁ一眼レフ!欲しくなってきましたね。

スクリーンショット 2016 07 19 13 15 06

そんなこんなで、会ってよかったと思えるこの日のランチタイムでした。次回会える時はお子さんや旦那さんと一緒かな?またその日がくるのも楽しみですなぁ。

あと、お互い燻製フリークっていうのもいいですよね(笑)ブログ記事を書くことによってネタ情報を交換している感じ。また新たなメニューを披露せねば…。なんてね。

いかがでしょうか?こんな感じで、ブロガーは直感で「会いたい!」と思ったブロガーと会ってみると「戦友」に似た不思議な感覚で面白いと思いますよっと。

つーことで、今回は以上です。それでは、また!

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想はぜんぜん今すぐでも良いですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)