タイトル 001

2/1で「人生ドロップアウトドア」→「高知移住グルメ情報局」に変更をしました。

変更した理由①「公私ともに移住が完了したから」

昨年1年間、ぼくはネットでの活動をそこそこにリアルな商品での起業に挑戦しました。

プラスα、さまざまな資格試験や国家試験にも挑戦し、努力の甲斐あって全部合格。

様々な要因が重なり、結果的に春から新生活を始める準備が整ったのです。

変更した理由②「もうカッコ良さとかどうでも良いから」

この地点に辿り着くまでに、本当にたくさんの人たちのご支援を頂きました。

その助けてくれた人たちのほぼ全てが、静かに、目立たず暮らしてる人々。

ぼくはハリボテのカッコ良さのくだらなさに、ようやく気付くことができたのです。

変更した理由③「承認欲求はマガジン連載で満たされたから」

1年と3ヵ月で全377記事。ただひたすら自分と向き合い掘り下げただけ。

それなのに、本当にたくさんの人が支援して、付き合ってくださいました。

おかげさまでもう大丈夫です。ぼくは孤独じゃないし孤立もしてません。自立できます。

変更した理由④「ネット上の情報があまりに主観的すぎるから」

残念ですが、ネット上にある情報のほぼ全てがポジショントークだと思って良いです。

当たり前の話ですが、地域に密着できている人ほど「本音を話せる訳がない」のです。

一見暴露してるように見える人でも、実情の2割程度しか言えてないレベルがほとんど。

つまり「言いたい放題な人は地域に密着してない」ので参考にする対象から外れます。

でも知的財産を持たない純粋で幼い人は声が大きい人に付いていってしまうのが現状。

だからせめてそういった「前提」の考え方を教えるサイトが必要だと思ったのです。

変更した理由⑤「移住に関してあまりに無責任な人が多いから」

「◯◯さんが言ってたから間違いない」という無責任な発言をしてる人が大勢います。

そういう人に限って、取り返しのつかない失敗が確定するまで意見の1つも言いません。

ぼくはおかしいと思う行動があったら村八分にされようが直接言うタイプの人間です。

だからこそ思考停止を途中でやめ、移住界隈のデスマーチに気付くことができました。

神輿を担ぐのも乗るのも良いですが、崖下に落ちるのを止める人間も必要なのです。

そういった役割が揃っていてこそ多様性なのですが…実際はかなり排他的に感じてます。

変更した理由⑥「検索で客観的な情報に到達して欲しいから」

前章にも通じるのですが、トップダウン型だと「後は知らん」というパターンだらけ。

これも当たり前の話なのですが「補助金は有限なもの」です。無くなる前提の話ですよ。

それなのにネット上などで表に出る情報は「今の条件が一生続く」的な表現が多いです。

そんなことは無いですよ。常に自立を目指して行動しないと貴重な数年を無駄にします。

変更した理由⑦「地方はプレイヤーを求めているから」

この数年間を客観的に見た結論として「◯◯をやりたい!」という人は失敗してます。

何を失敗と定義するか?この場合は「移住前とほとんど何も変わってない」ケースです。

なお、失敗の原因はシンプル。需要のない事業を企画して実行しようとしたから。

どこも「プランナー」は求めてません。求めているのは「プレイヤー」なのです。

その点、ぼくは地域と県が求める人材の需要を見極め、順調に結果が出続けてます。

変更した理由⑧「地方こそ実用的な資格などが武器になるから」

しかし予想以上だったの結果の1つが、DIYのためにとある資格を1つ取っただけで…。

(トヨタ10年勤務の経歴も踏まえた上で)高知県内の企業さんから声が掛かりました。

アナタの職歴と保有資格が魅力的なので、ぜひウチで働きませんか的な、嬉しいお話。

他に内定してた話があったので今回はお断りしましたが、これは大きな手応えでした。

だから地方移住で成功する人は「過去の自分すべてを活かせる人」←これに尽きますね。

変更した理由⑨「リスク取るべきは知的財産を得る方向だから」

脱サラ&移住&起業してからずっと、日を増すごとに痛感してます。

自分が大企業の現場で、夜勤で不眠になりながらも10年やりきった経験の中に…。

とてつもなく高レベルなノウハウが詰まってたという事実。

大資本で大人数の中、人に教え教えられその結果得た圧倒的なコミュニケーションの量。

これは多様性を知ることができたという、一生の財産だったのです。

だからリスクを取るべきなのは、何も考えずに移住する方向ではまったくありません。

まずはどんな仕事からでも得るものがあるという発想に変え、知的財産を持ちましょう。

変更した理由⑩「冷静さと素直さこそが一生の財産だから」

脱サラ当初、喪失感で承認欲求を拗らせ、ネットで発信することが目的になり…。

本当に多くの人たちからの信用を失ってしまいました。後悔してもしきれません。

しかしたくさんの人に支えられ「素直さ」「冷静さ」を取り戻し…。

ネットはリアルを充実させるための「手段」だと思い出したら1年で立ち直れました。

お金には変えられない一生の財産は、最初から自分の中にあったということ。

だからぼくは後に続く人に「決して自暴自棄になるな」と伝え続けたいです。

ぼくがみなさんにしてもらったように。脱サラ、移住、起業の現場からは以上です。