テキスト書き出し 001  1

個人的にビッグなニュースが飛び込んできましたのでシェア致します。

■なんと!あの名店ヌックスキッチンが後継者を募集するとのことです

先日書いたレポート記事が大好評だったヌックスキッチンさんだったんですけどね。 

参考:【高知】ウチの親父も絶賛!ジビエの名店ヌックスキッチン5品の詳細レポートをUP

なんと、そちらが後継者を募集するとのことです!ので、そのお店の大ファンとしては拡散に協力するしかないと思ったワケでして。

てか、これはマジで古民家再生プロジェクトが無かったらぼくが行きたいですね。はい。

いやぁ、ほんとこのレベルの美味しさのお店が増えてくれたら最高だと思いますよ。

ので県内外問わず、全国から応募が集まって欲しいトコロです。ヨロシクお願いします!

■ 3パターンでの募集です。(経験の有無は問いません)

  • ①将来、ジビエ料理での独立開業を考えていらっしゃる方 (仕込みから接客までフルタイムに近い雇用)
  • ②昼間限定の仕込みアシスタント(店内の清掃含む)(3〜7時間内で週3〜4日勤務)
  • ③店内の清掃限定スタッフ(2〜3時間内で週3〜4日勤務、昼間限定)

なお、応募の締め切りは7月18日(月)までだそうです!

2014年7月31日、私は「3年間限定」の計画でヌックスキッチンを始めました。

この2年の間に高知では「ジビエ」が幅広く浸透し、ジビエ取り扱い店舗も増加しており、また当店はオープン以来連日多くのお客様で賑わっています。

おかげさまでジビエの新しい可能性を提案する当店の試みは数多くのメディアに取り上げていただき、当店を目的として高知に来てくださるお客様も少しずつ増えてまいりました。

この2年間の成果には確かな手応えを感じてはいますが、今まではお店の営業に手一杯だったこともあり、本来の目的であった、「県内外にカジュアルなジビエ料理店を増えること」のための「レシピやノウハウの伝授」を行うことができませんでした。

それをこれからの1年間で行いたいと考えています。 牛肉や豚肉と違い、天然のお肉のシカやイノシシは、季節や個体、場所により味や肉質が大きく違います。

「お客様が求めるジビエ料理」を提供するには、その肉質を見極める力が重要でして、それを養うには「数」が必要になると思います。

当店では、県内外6ヶ所の加工場から数十キロのシカ、イノシシ肉を毎月仕入れていますので、自然と「肉の目利き力」や「技術力」が養われ、私自身も日々スキルアップできています。

お肉の下準備から調理だけでなく、野菜の下処理、料理の付け合せであるチャツネやレリッシュ、ピクルスなどの加工品作り、外国仕込みのデザートなども業務に含まれます。

県外在住の方で高知への移住をお考えの方につきましては、住居を含めたご相談に応じ、移住専門機関をご紹介させていただきます。

「独立開業は考えてないが、仕込みアシスタントや清掃限定スタッフとして働いてみたい。」という方も大歓迎です。

勤務日数や時間、給与、働き方等につきましては、ご希望やご事情をお聞きしながらじっくりお話させていただきたいと思います、ご興味のある方はnooks@outlook.jp もしくは、080−3920−7471(西村)までお問い合わせください。 ご応募お待ちしています。

参考:ヌックスキッチン公式Facebookページ

ということで、サクッと速報でした。そんなこんなで、今回は以上です。それではまた!

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想はぜんぜん今すぐでも良いですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)