13437345 263941203964311 1111523787 n  1

先日、いつものようにDIYをしていたトコロ…なんと、ご近所さんが「ジャガイモ食べる?」と言いながら、たった今そこの畑で採ってきたばかりの土付きをくださいました!

ありがとうございます!しかもめちゃくちゃデカイ!毎日1個ずつ頂きますね〜。

■1.それはもうアツアツのホクホク!超絶簡単なアルミホイル焼き

 

#ジャガイモ の #アルミホイル焼き は #マヨネーズ つけたら最高ですよね。#bbq #potato

ぴーすけさん(@pskpsk1983)が投稿した写真 -2016 6月 15 9:35午後 PDT

とにかく最高に美味しそうだったので、その日はまずアルミホイル焼きにしてみました。

作り方は超絶簡単!洗ったジャガイモを湿らせた新聞紙で包み、さらにアルミホイルに包んでカマドやコンロの炭の中にブチ込むだけ。串がサクッと刺されば食べごろです。

さっそくマヨネーズを付けて食べてみたところ…なんということでしょう、かじりついた時の皮付き独特の香ばしさと、中から現れるそれはもうホックホクのお芋ワールド!

というか、ぼくはこれ以上マヨネーズが合うジャガイモの食べ方は無いんじゃないか?とすら思いますね〜。あと、皮付き旨すぎです!これからずっと皮付きにしよっと。

■2.香ばしさ120点!ツナとジャガイモの炊き込みご飯

ほら、お米とお芋って何気に相性バツグンじゃないですか?そう思いませんか?

ぼくは思います。ということで、翌日は炊き込みご飯に。作り方はシンプル!ツナ缶を油ごと全部と、醤油をお米4合で大さじ2と、ザク切りのジャガイモを入れて炊くだけ。

もうね、炊きあがった直後にフタを開けた瞬間にあまりの香りの良さに悶絶ですよ。やっぱり多少食べづらくても皮付きが良いですね!ハマってしまいました。

てか、炊飯ジャーでこの旨さなんだから、土鍋で炊いたらヤバイことになりそうな予感…この記事では同じメニューは作りませんが、また次回は土鍋で炊いてみようと思います!

■3.一瞬で作れて一瞬で食べきってしまう!定番フライドポテト

やっぱりシンプルかつ食べ慣れたメニューのほうが素材の良さがわかるんじゃね?

と思い、3日目はザク切りにしたものを片手鍋で揚げてみました。キャノーラ油を使いましたが、刻んだジャガイモがちょこっと腰まで浸るぐらいの量で十分フライにできます。

てかコレ、揚げたてアツアツに塩をふっただけでこの世の至福のような瞬間を味わえますね!その場で全部食べちゃいました。マジやめられないとまらない状態です。

この旨さを知ってしまうと、もう大量生産品は食べれなくなっちゃいそうですね〜…そういった意味で、やっぱり採れたて、出来立てに敵うものはありませんなぁ。ほんとに。

■4.定番中の定番!肉じゃが

焼き、炊き、揚げ…と来たら、煮込みに行っても良いでしょう(笑)そんなこんなで基本であり、定番であり、オカンの味でもある、ド直球な肉じゃがを作ってみましたよっと!

作り方は豚肉、玉葱、人参、ジャガイモを炒めて、水に浸し沸騰させてアクを取った後に、酒、みりん、めんつゆ、醤油を大さじ2ずつ入れて煮込むだけです。簡単ですね〜。

ちなみに、上記の4種類を大さじ2(30ml)ずつ入れる配合は、何でもかんでも美味しくなる黄金比率なのでは?っと個人的に感じている次第ですのでぜひぜひお試しあれ!

■5.〆はやっぱりカレーでしょう!異論は認めません

最後に何が来るのか?って思ったアナタ、それは愚問ですね。アウトドア好きな男子の中では〆はカレーと決まっているのです。いつ決まったのか?ぼくがいま決めました。

とにかく、カレールーの箱の裏面に書いてあるとおりの作り方をすれば最高に美味しい食べ物が出来上がるというのは、人類の歴史に残る発明なのではないのでしょうか。

そして、この日も出来立てを3杯も食べてしまいました…恐るべし、カレーの魔力。人間、いくつになってもカレーが好きで好きで仕方がないものなんですね。

いやぁこの5日間、美味しいジャガイモと過ごせて幸せでした!自分も早く開梱を済ませて家庭菜園を始めたい…頑張ろっと。ということで、今回は以上です。それでは、また!

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想はぜんぜん今すぐでも良いですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)