こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

先月末、ぼくはnoteで連載してた月額マガジンを終了させ…。

ただいま春から始まる「新生活の準備」でテンテコマイな状態なんですけどね。

そんな慌ただしい日常の中、自宅に頼んだ覚えのない荷物が…。

そう、過去に作って、本当にたくさんのご支援を頂いた「ほしい物リスト」からでした。

みなさん、本当にありがとうございました。もう、大丈夫です。

スクリーンショット 2018 02 04 15 12 40

おかげさまで自立できてます。本日でネット経由の支援の募集を終了いたしますね。

ほしい物リストそのものと、このブログからの案内も全て削除いたしました。

そして、お礼とご報告のために過去の写真を整理してたところ、頂いた物がなんと…。

点数で言ったら100点を超えてました。ぼくは幸せ者ですね…。

スクリーンショット 2018 02 04 16 05 13

ギフトの内容も助かったのですが、1番助かったのは「精神面」でした。

1人じゃない、孤独じゃない、孤立してない…ああ、この感覚こそが、勇気なんだと。

みなさんに大切な物を教えて頂いたおかげで、冷静さと素直さも取り戻せました。

感謝してもしきれません。何度も繰り返し言います。本当に、ありがとうございました。

ただ、中には「ネット芸人」として「期待」してた人も…。

0人ではないと思うんです。むしろたくさんいたのではと。

とりあえず、そういった方々には誠に申し訳ございませんが、ぼくの今後は…。

静かに生きる道を選びます。だから過去記事も全て添削中です。

最近、やたらとアクセスが増えてますが、たぶん今から読んでも意味不明かもですね。

スイマセン、中途半端な物を残すより、いったん全部削除したほうが良いと思いました。

大切なことはコツコツと新記事にまとめる予定ですので、もうしばらくお待ちください。

しかし今回、応援されてみて、ある1つの「結論」がでました。

ずっと前からぼくは、応援について考えてきたのですが…。

1番大切なことは「助けて貰い過ぎないようにする」ということだと気付きました。

あくまで目的地まで「あと一歩」を助けてもらうイメージですね。

逆に目的地まで「常時」助けてもらうと途中で歩みを止める、そんな感覚。

これは「応援のしかた・されかた」として普遍的な要素なのではと思います。

今回の経験で得たこの考え方は、何かと役立ちそうなので、皆に伝えていきたいです。

というか今度はぼくが応援する番!今後は誰かの「あと一歩」を助けていきますね。

これもすべて読者さんのおかげです。ありがとうございました。現場からは以上です。