テキスト書き出し 001  2

最近いろんな場所で言及されてるようですが、何を信じるかはみなさんにお任せします。

けっきょくブログ記事なんてそれぞれの主観で切り取られたモノ

昨年、こんな記事を書いてたんですが…。

参考:というか「ブロックされた」んなら『ブロック仕返しとけばいい』だけじゃんと思う

それから半年後、出来事の発端(先にその人がこっちをブロックしていた)だけカットされて書かれた記事を発見してしまったんですよね。

だから、一瞬その人に対して強く抗議をしようかと考えたんですけど…。

時間のムダですので、やっぱり止めました。

ブログなんてもんは、そもそも著者の主観で書かれているモノです。

ですので、法に触れない範囲でどうぞ好き勝手に書いてくださいませ。

 

仲良くしろ!という同調圧力がマジで怖い

というか、SNSに機能として用意されているものを、わざわざ「失礼だから使っちゃいけない!」みたいな空気を作ろうとする感覚がかなり怖いです。

仲良くしろ!という同調圧力といいますか。ものすごく違和感を感じます。

ほんと、何故ムリしてまで仲良くしなければいけないのでしょうか…。

その前に、出会いって一期一会で、第一印象が合わないなぁ…って思ったら、その後にどう頑張って取り繕っても関係の修復は厳しくないですか?

もちろん「話し合えたら理解できた」というケースもあると思いますが、まったく労力と時間の割に合ってないことだらけだと思います。

そんな時間があったら、ぼくは新しい出会いを求めて新天地に旅立ちますよ。

 

そうだそうだ!というお祭り騒ぎはいらない

最後になりますが、ぼくは「アイツが悪い!」「そうだそうだ!」みたいな小中学生の時の帰りの会にあったような『空気感』が大嫌いです。

ほんと、お祭り騒ぎ的でいわゆる「炎上」みたいなやりとりはいらないんですよね。そんなことよりも、ぼくは淡々と事実を積み重ねていきたいだけでして。

ですので、誰かに名指しで自分のことを批判されても、ぼくはその誰かに対して名指しで批判し返したりはしませんよ。

そもそも、ぼくは実名&顔出しで自分の書いた内容に対して覚悟をしてUPしてますので、そのような行為は軽々しくできないんです。

そういうことをしたい人は、どうぞご自由に。でも、遠くで幸せになってくださいね。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想はぜんぜん今すぐでも良いですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)

そんなこんなで、今回は以上です。それでは、また!