超ウルトラ今さらなんですが、今後の取っ掛かりとしてあの本を買ってみました。

当たり過ぎて怖い!と評判のアレ

DSC03720

アレと言えばコレです。そう、天下のストレングスファインダーさん!

コチラの特徴は、1冊で1回しか診断できないってコト。中古はNGですよ〜。

DSC03726

使い方は本を読んで(まずは第三章まで:約100ページ)から公式サイトにアクセス。

スクリーンショット 2016 04 27 20 34 02

下のほうにあるClick hereって書いてあるところの「日本語」をクリック!

スクリーンショット 2016 04 27 20 35 27

そしたら「新規ユーザーとして〜」の部分をクリックしまして…。

スクリーンショット 2016 04 27 20 36 54

巻末の綴じ込みの中にあるコードを入力し、個人情報を入力しましたら…。

スクリーンショット 2016 04 27 20 43 08

後は177項目×5択の質問に答えていく感じです。所要時間は35分ぐらい。

それらに全部答えると、200万人のデータの中から5つの強みが診断されるそうでして。

で、さっそくサクッとやってみたんですが…。

え、ここまでなんでモロバレしてんの!?って感じでした。どんだけ…。

ちなみにぼくの診断結果として出てきたのは、①最上志向、②公平性、③調和性、④未来志向、⑤規律性の5つだったのですが…。

いやほんとスゲェ納得できる結果でビビりました。

これ想像以上に当たるみたいですね!コレはマジ面白いっすわ。みなさんもぜひ!

 

あ、せっかくなのでぼくの結果を以下に貼っておきますね。

ソチラを読んでみて興味が湧いた人はよかったら1冊買ってみてくださいませ〜。

ということで以下、ぴーすけ(東直希)の5つの強みです。てかこれから強みにします!

 

①最上志向

優秀であること、平均ではなく。
これがあなたの基準です。
平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。
平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。
自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。
真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。
生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。
そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。
あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。
このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。
あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。
同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。
あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。
あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。
それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。
その方が楽しく、実りも多いのです。
そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

②公平性

あなたにとって、バランスはとても大切です。
あなたは、地位とは関係なく人々を平等に扱う必要性を強く信じています。
ですから、あなたは誰か一人が特別扱いされることを望みません。
あなたは、このようなことが利己主義や個人主義につながると考えています。
それは、一部の人がコネや、出自や、わいろによって、不公正な利益を得るような世の中につながります。これはあなたが心から嫌悪していることです。
あなたは自分自身を、そんな状況を作らないための監視役だと考えています。
このような特権がまかり通る世の中とは対照的に、あなたは、規則が明確で誰にでも平等に適用される矛盾のない環境で、人々は最高の働きをすると信じています。
これは、人々が何を期待されているかを分かっている環境です。
それは予測が可能で、公正な環境です。
これこそ公平さです。
このような環境でこそ、人は自分の価値を発揮する公平な機会を持ちます。

 

③調和性

あなたは同意点を求めます。
あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。
周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。
あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。
事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。
人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。
もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか?
あなたはそうなると信じています。
そしてその信念によって生きています。
他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。
他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。
他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。
あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。
それはしっかりした船です。
単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです。

 

④未来志向

「もし・・・だったら、どんなに素晴らしいだろうなぁ」と、あなたは水平線の向こうを目を細めてみつめることを愛するタイプの人です。
未来はあなたを魅了します。
まるで壁に投影された映像のように、あなたには未来に待ち受けているかもしれないものが細かいところまでみえます。
この細かく描かれた情景は、あなたを明日という未来に引き寄せ続けます。
この情景の具体的な内容―より品質の高い製品、より優れたチーム、よりよい生活、あるいはよりよい世界―は、あなたの他の資質や興味によって決まりますが、それはいつでもあなたを鼓舞するでしょう。
あなたは、未来に何ができるかというビジョンがみえ、それを心に抱き続ける夢想家です。
現在があまりにも失望感をもたらし、周囲の人々があまりにも現実的であることがわかった時、あなたは未来のビジョンをたちまち目の前に呼び起こします。
それがあなたにエネルギーを与えてくれます。それは、ほかの人にもエネルギーを与えます。
事実、あなたが未来のビジョンを目に浮かぶように話すのを、人々はいつでも期待しています。彼らは自分たちの視野を広げ、精神を高揚させることができる絵を求めています。
あなたは彼らのためにその絵を描くことができます。
練習しましょう。
言葉を慎重に選びましょう。
できる限りその絵をいきいきと描きましょう。
人々はあなたが運んでくる希望に飛びつきたくなるでしょう。

 

⑤規律性

あなたのまわりのことは全て予期できる必要があります。
何事も秩序正しく計画される必要があります。
そのため、あなたは本能的に自分のまわりのことを秩序立てています。
毎日の日課を決めます。
あなたはものごとの進捗状況と締め切りに気持ちを集中します。
長期的なプロジェクトは、連続性のある具体的な短期計画に分割し、ひとつひとつの計画をきちんと実行していきます。
あなたはかならずしも几帳面でもきれい好きでもありませんが、決めたことが完璧に完了されることを求めています。
人生にはかならず混乱がついて回りますが、それに直面した時、あなたはその状況をコントロールしていると感じたいのです。
日課、進捗状況、秩序立て、これらすべてが、この状況をコントロールしているという感覚を生み出しています。
この規律性という資質を持っていない人たちは、あなたの秩序正しくしたいという欲求にいらいらすることがあるかもしれません。
しかし、衝突を避けることはできます。
あなたは、誰もがあなたのように何でも予測できることを望んでいるわけではない、と理解しなければなりません。彼らは物事を達成する他の方法を持っているからです。
さらにあなたは、あなたが秩序を必要としていることを彼らに理解させ、さらにはその価値を認めさせることさえできるのです。
予想外の出来事に対する嫌悪感、誤りに対する苛立たしさ、あなたの日課、細部まで突き詰める傾向、これらはどれも、人の行動を制限しようとする命令的な振るまいだと誤解されてはなりません。
むしろ、これらの行動は毎日の生活で起こる障害に直面した時、あなたの前進と生産性を維持するための本能的な生き方であると理解されるべきなのです。

 

まとめ:本の値段の価値はあったと感じています

なんというか、さすが世界中から集めた膨大なデータを元にしたテストですね…。

ここまでわかるか!というレベルの衝撃がありました。

決して安くはない本(コード付きの新品しか買えないし)ですが「なんでもっと早くやっておかなかったんだろう…」って思ってしまいましたね。

いかがでしょうか?今後の自分の方向性に迷っている方や、もっと発展させたいと思っている人はぜひぜひ手にとってみては。

自信を持ってオススメできますよん。

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)

そんなこんなで、今回は以上です。それでは、また!