みなさん、いわゆるニンニクって球根を食べるってイメージですよね?

高知では若い成長途中の「葉ニンニク」も食べる!?

DSC02098

っていうウワサ聞いていたので、先日おさんぽしてきた日曜市でGETしてきたんですよ。

参考:300年の歴史と1300mの長さを誇る土佐の日曜市をぶらりとお散歩してみたよ

DSC02099

ぼくより先に移住してた人たちがみな口をそろえて「うまい!」って言ってるもんだから、ほんとかよ〜?と最初は半信半疑だったんですけどね。

ネギ的なノリで炒めてみる

DSC02172

さっそくザクザク切って鶏ガラ醤油で炒めてみました。

DSC02177

ふむ…キッチンに立ち込めるニンニク臭…球根ほどではありませんが、ほどよく食欲をそそる香りですね〜。これはたまりませんなぁ。はい。

結論:ニンニク好きなら絶対にハマる美味しさ

DSC02181

で、実食してみたんですけど…シャキシャキ感と、ニンニク臭が相まって白ゴハンが進みまくります!

これ、なんで全国で売ってないんですか?って思うレベルの美味しさ。

調べてみたら、どうも鮮度が非常に重要らしいですね…土壌が豊かな高知ならでは食べ方みたいです。

でも、これはニンニク好きなら絶対にハマる食品だと思いましたねぇ。

ですので、県外から高知にいらっしゃった人には、カツオのたたきに添えてあるスライス生ニンニクもそうですが、こちらの葉ニンニクも超オススメするしだいであります!

ということで、今回は以上です。あ、また今度こちらの葉ニンニクで起業している人の加工食品をレポートする予定ですので、よかったらチェックしてみてくださいね〜。

それでは、また!