DSCF2563

こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

(※当記事は2015年と2016年に初掲載された複数の記事を1つに集約後、

さらにリライトして2017年に再掲載したものです。)

高知市内から30分ちょっとで、想像以上に広がる大自然。

近場だからと侮っていました。

すんません、わりとマイナスイオンが爆裂してます。

DSCF2564

いやー仁淀川って下流でも良い感じですね!

ぼくが好きなのは右奥の「JA産直市」

DSCF2579

正面の建物はレストラン&宿泊施設&温泉&ギャラリーと、

「超快適空間」になってましたが…。

ぼくが訪れるのはこちらの右奥の

「うどん/農産物直販店」と看板がついてる建物。

DSCF2569

超ローカルなニオイがぷんぷんしますね~。

何か面白いものがありそうな気配が良き。

DSCF2562

この建物の裏手には昔ながらの水路が残ってまして、こちらもたまりませんね。

そして店内の食券機メニューはどれもリーズナブル!

DSCF2581

冷たい麺類が食べたいなと思って、

なんとなく「川うどん/550円」を頼んでみたんですけどね。

DSCF2584

これ、大当たりでした。

小麦粉は、北海道の厳選小麦を百パーセント使用。塩は太平洋の天日塩。水は、四国山脈から沸き出す「生きた」天然ミネラル水。青のりは、高知県さんの天然海苔。

めっちゃ美味しいです!

DSCF2588

小麦のほのかな甘さと、青のりの風味が絶妙。

DSCF2590

これからの季節にまさにドンピシャだと思いました。

すっかりハマって、別の日にも…。

DSC09691

「うどん」を食べようとしたら、気になる貼り紙が。

ふむふむ、なになに…?

新メニューはじめました。紫黒うどんにショウガ・ミョウガ入りの天ぷらをのせてみました。是非ご賞味下さい。(※紫黒うどんの食券を購入して頂き注文時に天ぷら入りとお伝えください。)

500円で天ぷら入りだと…?

ふむ、それはなんともいい感じですね!

DSC09692

とりあえず、ソッコーでポチッとしときました。はい。

紫色のモチモチな麺!

DSC09704

おお!赤、黄、緑、紫と、彩り鮮やかでなかなか良い景色ですね〜。

DSC09706

ちなみに黒紫米っていうもち米を練りこんであるそうでして、

それはもうなんともモッチモチしまくった不思議な食感でした。

いやはやなんとも、これはなかなか味わい深いですね!

なんというか他の通常メニューのうどんが強烈なコシなので、

それらとは対象的な食感だった印象でしたねぇ。

DSC09708

ショウガ&ミョウガの天ぷらもうまし!

とりあえず、道の駅という施設内でこのクオリティ高さはなかなかのものだと思います。

ごちそうさまでした!また寄りますね〜。

まとめ:家族連れ、旅行の途中、表の道を通りがかったらぜひ!

DSC09730

「土佐和紙工芸村 JA産直市」の所在地は「高知県吾川郡いの町鹿敷1226」

お問い合わせ先は「088-892-1001」

営業時間は「食堂 10時~15時」「直販所 10時~16時30分」

定休日は「JA産直市のみ年末年始休業(他の施設は水曜定休)」となっております。

 

【PR】「全国1107個の道の駅すべてを知りたい」と思った人はコチラ!