今回は【愛知-高知】4泊5日まったり実家往復の旅のまとめ&あとがきでございます。

A:前回まで使用していた高速道路のみのルート(イメージ)

①最初から最後まで高速道路(516km/6時間)


「メリット」
  • 頑張れば1日で到着できる(あまりオススメしません)
  • 比較的安上がり(ガス代1L120円×50L=6000円+高速道路料金およそ15000円)
「デメリット」
  • 1日じゅう運転するのはめちゃくちゃ疲れる(そして頑張ってしまいがち)
  • ずっと高速道路なので景色がほとんど変わらない(超ウルトラ退屈)
  • 亀山JCTと吹田JCTあたりで渋滞にハマる可能性が高い(ストレス大)

B:今回新たに使用したフェリー活用ルート(イメージ)

①渥美半島の先端にある伊良湖岬まで行く(44.8km/1時間)


②フェリーで伊勢湾を渡る(21.1km/1時間)


③途中で1泊することを前提に寄り道を楽しむ(250km/5時間)


④フェリーで瀬戸内海を渡る(55.8km/2時間)


⑤徳島から高知へ帰る(166km/2時間)


「メリット」
  • フェリー搭乗中は身体を休めることができる(強制的な休憩)
  • 亀山JCTと吹田JCTの渋滞を回避できる(ストレス軽減)
  • 休憩を兼ねた観光がしやすい(比較的ご当地グルメも楽しめる)
「デメリット」
  • 比較的高い(フェリー6690円+9600円+ガス代1L120円×45L=5400円+宿代)
  • 1泊前提じゃないと時間的に厳しい(時間と心に余裕が必要)
  • 気象状況によってはフェリーが欠航する(というかしました)

まとめ&あとがき

DSC09079 (1)
【愛知-高知 4泊5日まったり実家往復の旅(全18記事)】
いやぁ、道中が楽しかったせいか、ほんとにあっちゅーまでしたね!

移動した距離はほとんど変わらないのに、引っ越しの時に1日で走り切った時(そして大渋滞にハマって10時間かかった時)と比べたら天と地の差。

特に、亀山JCTと吹田JCTあたりの慢性的な渋滞を回避できたのが精神的に大きかったと思います。

そういった意味で、マジで1泊以上前提のフェリー活用旅をぼくはオススメしたいです!

こんな狭い日本、そんなに急いでどうするの?って思う次第でありますねぇ。

いかがでしょうか?みなさんぜひぜひお試しくださいませ!

おまけ

DSC09148

ということで、実家から持ってきたDIY道具をプロジェクト『ゼロの家』の現場に本日搬入してきました!

いやはやなんとも、今後が楽しみ過ぎますね!ワクワクしまくりですので、よかったらみなさんこれからもチェックしてみてくださいね〜。

そんなこんなで、今回は以上です。それでは、また!