ばくおに

こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

体の25%ぐらいが「爆おに」で出来ています。

(※当記事は2015年と2016年に初掲載された2つの記事を1つに集約後、

さらにリライトして2017年に再掲載したものです。)

はじめに

DSC08364

「ローソンえる厨房」とは、

高知県民ならおなじみだった

「スリーエフ」というコンビニの

2015年2月以降の呼び名です。

親会社が「サニーマート(スーパー)」という利点を活かし、

「店内の厨房」で作ったコンビニとは思えない

「クオリティ」の出来立てお弁当を出すことで県民に親しまれてきました。

かくいうぼくも、

移住してからスッカリ

「える厨房」の魅力に取り憑かれてしまい、

特にカオスで何でもありな

「ばくだんおにぎり」

が大好きになってしまったワケでして。

いや、見ていただければわかるんですけど、

どの商品もとにかく

「予想の斜め上」を攻めて来るんですよね!

ほんと高知の食文化は面白いなぁって思います。

そんなこんなで、

今までにぼくが食べた

「全12種類」

をまとめたレポートを作成してみましたので、

よかったらみなさんご覧くださいませ!

 

①たまご焼き


②チキン南蛮


③鮭・しそ昆布・高菜・明太子


④チーズメンチ


⑤たこガーリック


⑥鮭マヨ


⑦竜田揚げ


⑧マヨチキン


⑨いくら煮玉子


⑩イカの唐揚げ(キムチ入り)


⑪クリームコロッケ(カニ入り)


⑫焼き鳥ねぎま


⑬すき焼き


⑭ミニチキン


おわりに

いやはやなんとも、やっぱり自分の

「好きなもの」

を記事にして伝えようとする瞬間が1番楽しいですな!

今後も新商品を発見しだい随時更新し続けますので、

よかったらチェックしてみてくださいね〜。

 

おまけ:ばくだんオニギリセット(玉子、竜田、4種)

DSC04761

えーっとですね、

この日はちょっとコチラの商品を試してみたのですが…。

DSC04762

まずは「4種」という味を試してみましょうか。

DSC04778

カジッてみたら

「シャケ」「コンブ」「高菜」

の3種類しか出てきませんでした。

DSC04781

んー、どこだ!

どこに行ったのだ4種類目は!

まさか外周の「海苔」のことを言ってるのでしょうか?

謎です。

気を取り直して、

お次は「竜田」にいってみましょう。

DSC04774

これは…このコロモとタレは美味い!

DSC04775

しかし「肉」はどこにいった!

ほんとに「竜田の部分」しかない。

どこだ!

どこに行った?

「厨房の中」に忘れたのか?

謎です。

とりあえず、〆に「玉子」がまだ残ってます。 DSC04764

いや~、この商品はハズレだったか~…

って諦めながらガブッとしてみたんですけどね。

DSC04768

んほぉ!

こ、これは…

「激ウマ」じゃないですか!

この「ダシ巻き玉子にダシが入りすぎてる」感じ!

「ダシ+おまけに玉子」っていうレベルのバランス!

さらにそこにビショビショの

「おかか」が相まってすんごいハーモニーを奏でています!

えーっとですね、つまり、まとめますと…。

結論:さいしょっから「ばくだんオニギリ(玉子)」を単品で買っとけば良かった。

という感じでした!ぎゃふん。

いかがでしょうか?「える厨房」超オススメですよ

DSC04751

こんな感じで「高知は歩けばネタに当たる」という感じです。

南国のノリがコンビニまで浸透しているんですよね~。

ほんとに面白い土地だと思いますよ!

旅行にも、移住にもオススメです。

ということで、今回は以上です。それでは、また!

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)