こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。

ぼくは車中泊が好きでちょこちょこ関連記事を書いているのですが…。

今日までに試行錯誤しながら車中泊を繰り返してみたところ、

代用&応用が効くオススメのアイテムを発見したのでご紹介させていただきます!

(※当記事は2015年と2016年に初掲載された複数の記事を1つに集約後、

さらにリライトして2017年に再掲載したものです。)

①座布団(43cm×43cmのカークッションでOK)

まずはコレ!

そう、なんのへんてつもない座布団です。

ぶっちゃけキャンプ用の銀ロールは、

どんなに高級品を買っても1泊したら体が痛いです。

というかふとした瞬間に

「もともと車内にあるものを使えばいいじゃん!」って思ったんですよね。

普段使っている43cm×43cmのカークッションを体の下に3枚、

枕に1枚の計4枚使っています。

軽乗用車なら4枚、普通車なら5枚〜7枚ぐらい、

既にお持ちの人がいらっしゃる可能性が高いですよね。

つまり新しくアウトドアグッズを買わなくても、

あるもので代用&応用すればOK!というワケなんです。

②耳栓(DIY用の高性能なものがオススメ)

意外に忘れがちなのがコレ!

イヤープラグ、いわゆるひとつの耳栓です。

なんというか、そもそも車中泊って言うんだから

「どこかしらの駐車場で寝る」

というシチュエーションが大半をしめますよね。

だから、当たり前のようにクルマや人の出入りは多いんですよ。

というか物音が立つたびに起きていたら寝不足間違いなし!

快適とは程遠いです。

そこでオススメなのがDIY作業などにも使えるようなレベルの耳栓な感じです。

とりあえず、ぼくはコレをつけて車中泊でも8時間グッスリ寝ていますよ。

③コンパクトマルチシート(エマージェンシーシートでも良し)

さらに!コレをオススメするのを忘れてはいけませんね。

そう、モンベルのコンパクトマルチシートです!

もしもの時に防寒着や寝具が不十分だったとしても、

コレに包まれていれば夜はやり過ごせる感じですねぇ。

ちなみに自分の熱を反射して外に逃がさないっていう原理なんですけど、

想像以上に暖かくてびっくらこいたほどでした!

なおコンパクトマルチシートはスタッフバッグ付きなんですが…。

中身だけ(エマージェンシーシート)でも売っていますよん。

④折りたたみ式ソーラーパネル

非常用または補助用の電源として用意してる人が多いと思うのですが…。

趣味:太陽光発電

ぴーすけさん(@pskpsk1983)が投稿した写真 -

このグッズが本領を発揮するのはダッシュボードの上だと思うんです。

やってる人はわかると思うんですけど、

モバイルバッテリーのゲージが貯まると楽しいんですよね〜。

ちなみにダッシュボードにソーラーパネル、

ドリンクホルダーにバッテリーが良い感じ。

DSC01017

こんな感じでとりあえずほっとけば満タンになってますよっと。

⑤USBライト

部屋のデスクまわりの補助ライトとしても便利ですが、

前述のソーラーパネル&モバイルバッテリーと合わせれば、

バッチリ車中泊の時の照明にもなりますね!

DSC01022

てかこれメチャクチャ眩しいです。

クルマの外がどっぷりと闇に浸かって、

長い長い夜がやって来たとしましても…。

DSC01028

なんということでしょう~まるで室内かのような明るさに!

これ、車外でも相当な明るさを確保できるのでキャンプ中にも良さげですね。

⑦USB扇風機

コチラも部屋のPC周りなどで便利ですが、

クルマに持ち込んでもめっちゃ役立ちます!

特にクリップタイプなのが汎用性が高くて良い感じですね〜。

DSC09509

小さいですが目の前にクリップで設置すればかなりの涼しさ!

夏場の暑い中での車中泊に役立つこと間違いなしでしょう。

⑦フック付きのコードやロープなど

あったら何かと便利な物の代表はやっぱりコレでしょう!

DSCF2273

基本は荷物の固定ですが、洗濯物を干すのにめっちゃ便利です。

比較的長いロープのタイプも良い感じです。

DSCF2146

この日は旅先で許可を得て洗濯物を干させていただきました。

1泊ならいらないかもですが、連泊の時には重宝しますよん。

いかがでしょうか?車中泊、楽しいですよ。

別の記事では車中泊用ベッドの自作もやってますので良かったらそちらもどうぞ!

なおコチラの記事は良いアイテムを発見しだい随時追記しますので、

よかったらこれからもチェックしてみてくださいね〜。