DSC07159
こんにちは、ぴーすけです。『ゼロの家』の近くにオシャレなカフェを発見!

移住者夫婦の経営する「大田口カフェ」



こちらは「嶺北地方にラフティング関連の仕事で滞在中、好きが高じてそのまま住み着いてしまったというご夫婦」が経営されているカフェなんですけどね。

DSC07166

こちらは空き店舗だったものを「自らDIYで改装」されたそうでして。

というか、そもそも「空き家活用が流行るずっと前から、何件もの空き家を改築してきた」という経験があるという、ぼくにとっては大先輩にあたるようなご夫婦でした。

DSC07181

さらに!ご主人はぼくの故郷である「愛知県豊橋市に数年住んでた」ということで、なんともお話が盛り上がってしまいましたねぇ。

いやぁ、高知に来てから不思議な縁に恵まれている感じですなぁ。心強い限りです。

メニューはこんな感じですぞ

DSC07161

動物の革で作られたカバーが、なんとも言えない感じのメニュー。

DSC07162

大学で料理を研究されていた奥さんの手掛ける品々は、どれも逸品!と評判みたいです。

DSC07163

うーむ、どれもこれも気になりますなぁ…。

DSC07164

決めた!やっぱり高知といえば、まずはジビエでしょう!

『鹿バーガー(850円)』+『ホットコーヒーセット(250円)』

DSC07168

おお、これまた想像以上にもアメリカンチックな景色!ぼくは好きですよ。

さてさて、さっそくいただいてみますかね〜。

DSC07174

ガブッとな…ふむふむ、あっさりと淡白な味わい…むむっ!これは…噛めば噛むほど美味い!なんという味わい深さ…いやはやなんとも、自然の恵み恐るべし!アクセントのピクルスもバッチリきまってます。

いやぁ、さすが高知のジビエ!期待を裏切りません。というか、いますぐ狩りに出たくなるレベルです。マジで。

そんでもって、こちらのサツマイモとカボチャのスープもヤバイ。

DSC07171

体の芯から温めてくれますね〜。ホカホカしてきました。

さらに!このポテトサラダもモフモフ感+シャキシャキ野菜がたまりませんなぁ。

DSC07172

で、セットで頼むと定価から100円引きのドリンクセットは、とりあえずホットコーヒーを注文したんですけど…。

まさか、ぼくも集めているビンテージグラスウェアで出てくるとは!

DSC07178

ミルクガラス、いいですよね〜。

なんか、こちらのお店はぼくの趣味のど真ん中ドストライクな感じでした。

こちらのお店をプロジェクト『ゼロの家』第二の拠点にします

DSC07179

そんなこんなで、今後はプロジェクト『ゼロの家』を進める際はこちらに入り浸る気マンマンですよっと。

とりあえず、朝起きたらここでコーヒー飲みながら1記事書こうかな?うんうん。

ということで、今回は以上です。それでは、また!

いかがでしょうか?超オススメですよ

DSC07160
大田口カフェ
所在地:高知県長岡郡大豊町寺内236-3
TEL:0887-73-0410
営業時間:10時~17時
定休日:毎週木曜+第二&第四水曜