こんにちは、ぴーすけ(@pskpsk1983)です。食欲の秋、到来ですね。

突然ですが、ぼくは高知の「さつまいも」が大好きです。

764d6b2d

とにかく美味しいんですよ。そのままでも、加工品でもなんでもござれ。

理由はきっと、年間日照時間トップクラスの土地で育つから。

高知ってめっちゃ海に面した地形なおかげもあって、

その温暖な気候と風が「さつまいも」と相性がバツグンとのことなんですけどね。

さらに、全国でトップクラスの日照時間ということで、

これでもか!ってほど美味しく育つそうでして。

特に東部には水はけの良い砂地と、

赤土の混ざった畑が最高の条件だそうで、

そこらへんで収穫される「よさこい金時」は至高の逸品だそうです。

とりあえず、ぼくのイチオシは「炊き込みご飯」ですね。

「土鍋」で炊くと特に絶品に仕上がります。

DSC06442

このさつまいもご飯、そこらの栗ごはんより濃厚!

DSC06450

圧倒的なホクホク感を味わえます。

「イモ天」というソウルフードも旨い!

有名なのは「土佐の日曜市」ですね。

CXjCQ8TUQAARmZL

いっつも行列が出来ている人気ぶりです。

まぁ、別に必ずそこで買わないとイケないワケじゃなくて、

わりとドコでも買うことができるんですよね。

道の駅やSA、はたまたそこらへんのスーパーでも普通に売ってます。

これがまた旨いんですよ。

ウワサではホットケーキミックスを使って揚げているとか?

見かけたらついつい買ってしまいます。

なお、食べきれないときは「炊き込みご飯」がオススメです。

DSC00644

というかまさか1袋200円に8個も入ってたとは…。

3つ食べたトコロで、残り5個をついつい炊飯器の中に入れて、

スイッチONしてしまったのですよ。ついつい、です。

DSC00647

そしてサクッと炊き上がってしまいました。

こうなったらもう食べてしまうしかありません。

若干やってしまった感もありましたが、男は度胸!

なんでも試してみるものですな。

DSC00654

普通のお芋ご飯とはまた違い…。

なんだか独特な「イモ天」の風味を感じます。

が、これはこれで全然アリですね!

むしろこの旨さならこれのために買っても良いレベルです。

そもそもご家族だとイモ天が余らないと思いますが、

1人暮らしで食べきれなかった時の処理法としては

「最高の満足度」となりましたねぇ。うんうん。

そして何と言っても高知といえば「芋けんぴ」ですね!

201508  1817

安くて美味しくてたくさん入ってます!

そして原材料は、芋、砂糖、油。超絶シンプル。

よほど素材に自信がなければできないのでは?

DSCF2634

お皿に乗せてみた見た目からもなんだか

「美味しいオーラ」が出ているような気さえしますね。

「お土産」の人気ナンバーワンは「南国製菓」の塩けんぴ。

数十人に何種類もお土産でバラまいたのですが、

「不動の人気ナンバーワン」でした!

みなさんシンプルかつ「細いタイプ」が好みらしいですね〜。

ちなみに「高知」で食べる至高の一品は「芋屋金次郎」ですな。

試食コーナーも超充実!まぁ、とりあえず1本食べてみてください。

DSC09676

ただの芋けんぴでもヤバイのに…。

チョコレートをブッカケてあるという

「暴挙」に出られたらもうイチコロですよね。

DSC09677

ちなみにぼくのお気に入りは「ホワイト」です。

コチラは手がチョコで手がベトベトになってもマジで

「やめられないとまらない状態」になるのでお気をつけてくださいませ〜。

なお、食べきれないときは「炊き込みご飯」がオススメです。

ade4423e (1)

いやほんと袋の中にこれでもか!って入ってるんですよ。

そんなときは、再度登場の「土鍋」にインサート!

  • 芋けんぴ(南国製菓)=てきとう
  • 白米(もらいもの)=2合
  • お酒(しらぎく)=大さじ2ぐらい
  • 塩=しょうしょう
  • ふりかけ=良い感じに
  • お米をといで20分水を浸透させた後、

    土鍋に全部ブチ込んで15分中火で炊き、

    20分ほどムラしたところ…。

    DSC07387

    できました!

    おお〜、これまたなんとも美味しそうなオーラが出てますね!

    DSC07394 (1)

    なんということでしょう~、

    カッチンコッチンだった

    「芋けんぴ」が、フワフワモフモフな

    「お芋さん」に戻ってしまいました!

    フリカケを程よくパラパラさせて、

    さっそくいただいてみたところ…。

    DSC07405

    うん!美味い!

    さすが高知の芋けんぴ、期待を裏切りませんなぁ。

    以上、高知の「さつまいも」のご紹介でした。

    こんな感じで、高知の「えいところ」を発信し続けます!

    DSCF2637

    高知に惚れて、ついつい脱サラ&移住してしまいました。

    惚れたら「良いトコロ」を見つけて伸ばして上げたくなりますよね!

    そんなイメージで、今後もコツコツ活動を続けていく次第でございます。

     

    記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

    いただいたご支援は古民家再生プロジェクトの資金にさせていただきます。ご意見ご感想は気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

    (※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)