まとめ

当記事は2014/12/28~2015/1/4の「7泊8日高知県放浪旅の記録」です。

その1:きっかけは1つの記事と1冊の本

01-01

2013年12月のある日、

ライブドアブログニュースに出ていた

「とある記事」があったんですけどね。

(※参考記事:「批判を受けて凹んで更新をやめるブロガーに伝えたいこと」 by イケハヤ書店)

その記事が個人的にめっちゃ面白かったんで、

ブログを書くことが好きだった僕はこの

「武器としての書く技術」 って本を買ってみたわけです。

その本とブログを読みながら、

2014年中は僕も旧ブログ(現在は閉鎖)をずっと書いていたんですけどね。

なんとイケダさん、2014年6月に東京から

「高知県」 に移住されたんですよ。突然。

ブログタイトルも 「イケハヤ書店」 から

「まだ東京で消耗してるの?」 に変更されてます。

(※参考記事:「イケダハヤトが高知県に移住した10の理由」 by まだ東京で消耗してるの?)

そう、なぜ今回の旅が「高知県」 なのか?という質問のお答えとしては

「この6月からの移住日記が超絶おもしろかったから」 です。

ので、どうしても

「高知は本当にそんなに面白い県なのか?」

と実際に行って確かめたくなっちゃったんですよね。

それ以上の理由はありません。はい。

ということで、せっかくなので

「ツイッターでご挨拶」させていただきました。

なんと!お返事をいただけました。

いや~、なんというか「この旅は幸先良さげ」ですね。

それでは、この調子で7泊8日の一人旅のレポートをスタートさせますぞ!

その2:豊橋駅から高知駅までだいたい5時間ぐらい

02-01

あれもこれもバッグに詰め込んだらパンパンになってしまいました。重い…。

02-02

2014年12月28日の昼過ぎ、自宅を出発。

豊橋駅から高知駅まで新幹線と特急で5時間ほど。

お値段は15000円ちょっとぐらい。

02-03

当たり前ですけど指定席は売り切れ…。

こりゃ立ちっぱでしょうか?しんどそう…。

ちなみに使用ルートなんですが、

豊橋→名古屋は新幹線(25分)

名古屋→岡山も新幹線(98分)

岡山→高知は特急(160分)です。

02-04

人の少ない列を選んで並んだら、全席なんとか座れました。

よかったよかった。

02-05

でも途中で 「次はオオボケ~オオボケ~」 ってアナウンスにびっくり。

どうやら 「大歩危(おおぼけ)」 って駅名があるみたいですね。

とか思ってたら 「次はゴメン~ゴメン~」 って油断してました。

「後免(ごめん)」 という駅名とのこと。

他にもたくさんあるみたい!高知おもしろいなぁ。

そんなこんなで高知駅に到着。坂本龍馬さんがお出迎え。

02-06

おお、豊橋と一緒で路面電車があるんですね!

滞在中1回は乗ってみたいと思います。

02-07

駅から徒歩3分、ホテルに到着です。荷物が超重かった!

02-08

原因はコイツ。ノートPC。でもこれでガッツリ記事が書けますな!

02-09

長距離の移動で疲れたので、夕飯はホテル1階の居酒屋にします。

その3:ホテル宿泊者は1杯ドリンク無料!居酒屋よさこい食祭

03-01

ホテル1Fにある居酒屋が、宿泊者はドリンク一杯無料にしますよ~とのこと。

行ってみましょう。

03-02

2014年12月28日の滞在1日目、高知に来て初めての食事です。

ウェルカムドリンク(無料)とお通し(200円)に食べながらメニューを見てみます。

ふむ…。 とりあえずコース(2500円)を頼んでみましょうかね。

03-03

ちっくと、ぼっちり…

やっぱり高知県、言葉の響き的なセンスが独特な気がします。面白いなぁ。

さて、最初にやってきたのは小鉢三種。ほほう…。

03-04

つぶ貝のワサビ漬け、もふもふ。独特な食感。

03-05

はんとう(カツオの胃の塩辛)、くさい!でもうまい!

03-06

チャンバラ貝、ちょっとしたサザエのような感じ。

楊枝でほじくりだして食べます。

03-07

マグロ、超さわやか。

イカやタコは素直に歯が入ります。これは新鮮な証ですね。

03-08

川エビ、超うまい!

けど慌てて食べると口の中にチクチクと刺さるので気をつけなければ。

03-09

カツオのはらんぼ、独特のプリフワ感…

でも脂のりまくりでこれまた美味しい。

03-10

サバのマス寿司、塩っぱいけどくどくない。

なんなんでしょう、高知。平均レベル高すぎです。

03-11

マス寿司についてきた味噌汁がまた絶品!

高知の人はいつもこんな美味しいもの食べてるの?

03-12

ウェルカムドリンクがあるなら行ってみよっか、

みたいな感じであんまり期待せずに突撃したんですけど…正直ビックリしました。

2500円のコースでこのクオリティは凄すぎると思います!

高知、想像以上です。

追加で 「南(500円)」 という地酒も一杯。

料理に合っていい感じ。ああ、美味しかった!

03-13

ウェルカムドリンクとお通し&コース料理と追加ドリンク2杯で4104円。

ごちそうさまでした!

その4:玄米カフェ【光の種】のオーガニックなランチ

04-01

おはようございます。

往復時以外は、リュックに折りたたんで詰め込んでおいたバッグを使いますぞ。

04-02

2014年12月29日、高知県での滞在2日目の朝となります。

とりあえず高知駅前の先生方3人を拝んでから出発。

ちなみに金属製じゃなくて樹脂製らしいですね。

04-03

駅から真っ直ぐ南下。

なんだか南国チックな街並みですね~。

04-04

10分ほど歩くと右手に帯屋町商店街が見えますので、そちらに向かいます。

04-05

帯屋町商店街をさらに10分ほど進みますと今回の目的地があります。

04-06

玄米カフェ「光の種」です。

イケハヤさんのブログによく登場するカフェですね。

04-07

ゆっくりしたかったので2階の座敷を選びました。

04-08

いいですね~、この雰囲気。落ち着きます。

04-09

カレーも気になりましたが、今日は

「酵素玄米と9種類のお野菜セット(950円)」をオーダー。

04-10

サクッとやってきました。

おお、なんだか独特な装いですねぇ。

04-11

オーガニックな素材を3日間かけて発酵させたというこだわりの玄米

超モチモチです!

04-12

ホウレンソウとジャガイモのクリーム煮

けっこう食べごたえがあります。

04-13

香の物。

ちなみに野菜は「やんちゃ農園」さんで主に仕入れているとのこと。

04-14

バターナッツ、碧川紅芯大根、紫大根、カブのピクルス。

04-15

自家製塩麹ドレッシングのサラダ。

どれもこれもめちゃくちゃこだわりという愛を感じます。

04-16

重ね煮カツオだしの味噌汁

そしてどれもが優しい味ですね。

04-17

他のお客さんとのトークが盛り上がりはじめたので、

コーヒーとケーキを追加注文。

04-18

バナナチーズケーキ

バター不使用でこの濃厚かつクリーミィな味わいは凄まじいです。

04-19

タイのジャングルで農薬や肥料無しで育った野生のコーヒー

だけどめちゃ優しい味。うんうん。

04-20

あ、ここで知り合った方がとても面白そうな催し物に私を誘ってくださったので、

「今からちょっと突撃」してきてみますね。

旅はノープラン、だからこそ面白い。

その5:気がついたら地元の方々に混じって夕食

05-01

午後は、午前中にカフェで出会った

「こばっち」さんのお誘いを受けてとある場所へ。

05-02

2014年12月29日、高知県滞在2日目の午後。

たどり着いたのは高知市内から東に30kmほどにある古民家でした。

すごく雰囲気があります…。

05-03

なんと築118年!

つまり1896年からここに…かの昭和南海地震(M8.0)も耐え切ったそうです。

05-04

外観だけではなく、中も雰囲気がありますね…

著名人の方々も多くいらっしゃるらしいですよ。

05-05

そんな中、本日は地元の方々が

「食材持ち寄りにて宴会をする」とのことでして。

05-06

ぼくはカフェ「光の種」で買っためちゃうまなクッキーを差し入れ

05-07

いろんな料理を食べさせていただいたんですけど、

どれもこれも超絶おいしい!幸せ。

05-08

集まられた20人ほどの方々は、みなさん本当に気さくで人が良い。

体感的にこれは全国1かも。

05-09

とにかくノリがいいんですよね。

県外から来た人間にも「これも何かのご縁やね」という感じ。

05-10

いろりの淡い光のような、柔らかい暖かさを持った人たちでした。

ゆるゆるでまったり。

05-11

カフェで 「愛知からノープランで7泊8日の高知一人旅してる」 という私を

「面白い!」 と言いながら古民家で行われる

「忘年会」 に誘ってくださったこばっちさん、

他県民でも気軽に受け入れてくださったみなさん、

本当にありがとうございました!

05-12

まったく高知は素晴らしい土地ぜよ!

その6:光の種オーナー主催のクラウドファンディングを支援

07-01

これも何かの縁かと思いまして、

カフェの入り口で宣伝していたチャリティに参加してみました。

07-02

「高知発、社会のためにふんどしをしめよう!タイの貧困地区の子ども達に教育と仕事を!」

期限は12/31の日付が変わるまでです。

みなさんまだ間に合いますよ~。

(※再掲載記事のため現在は終了しております。ご了承ください。)

07-03

SNSアカウントでログインできます。金額は3000円から1000000円まで。

リターンはふんどし。

07-04

奮発して30000円ほどブッ込んでみました。

人生初のちゃんとした寄付です。

07-05

今回の7泊8日一人旅は、

高知のみなさんにかなり良くして頂いてますので…

その感謝の気持ちも込めて、寄付させていただきました。

あ、30000円だとリターンは 「ふんどし20枚」 となります。

つまり、今回の旅行のお土産は 「ふんどし」 です。

よろしくお願いします。

その7:海が見たくなったので高知駅からバスに乗って桂浜へ

06-01

2014年12月30日の午前、

高知駅前の北口にあるバスターミナルから桂浜へ。

06-02

1番線から乗ります。料金は690円

06-03

お、路面電車だ。地元豊橋の路面電車よりオシャレだなぁ。

06-04

30分ほどで海へ。

海沿いの街で育ったからなのか、海を見るとホッとするんですよね。

06-05

約40分で到着です。今日も天気が良い!

06-06

腹が減ってはなんとやら。とりあえず昼食にします。

06-07

レストまつむらにて龍馬ラーメン。

カツオのたたきが強烈すぎてラーメンがおまけに感じます…。

06-09

腹ごしらえもしたし、龍馬像の前へ。でかい…。

06-1006-11

龍馬像の前から海へ降ります。うーん、そよ風が心地よい

06-12

繰り返しますけど本当に良い天気でした。

気持ちよすぎてこの場で寝れそうだったぐらい。

06-13

岩の上で腰掛けながら、ボーっとしてました。

06-14

うん。やっぱり海が好きだ

思い浮かんだ言葉はそれだけでした。

06-15

空白、隙間、余裕…

何もしないことって、決して悪いことではないんですよね。

06-16

むしろ必要なことなんだと思います。

あ、せっかくなので1番上まで登ってみましょう。

06-17

木漏れ日がいい感じです。

06-18

一番上から見渡す桂浜。気持ちの良い景色。

06-19

何もしなかったけど、めっちゃ癒やされました。

こういう時間って、やっぱり必要ですね。

その8:坂本龍馬記念館にてシェイクハンド

08-01

滞在3日目、2014年12月30日の午後。

桂浜から階段を登り、坂本龍馬記念館へ向かいます。

08-02

天気が良過ぎて汗をかきながら到着。

08-03

強烈な人が出迎えてくださいました。

シェイクハンド龍馬さんです。

08-04

これはどうもこんにちは。

08-05

高知県はいちいちセンスがぶっ飛んだ所があって面白いですね。

08-06

入館料は500円でした。

08-07

順路は地下2階から。

08-08

写真撮影はフラッシュ無しであればOK。

HP等の掲載も非営利目的で良識の範囲ならOK。

08-09

個人的には龍馬さんの話より…。

08-10

奥さんであるお龍さんの話が面白かったり。

08-11

ジョン万次郎のアルファベット掛け軸が気になったり。

08-12

土佐最強の刀に見とれたり。

08-13

ピストル再展示の経緯に感心したり。

08-15

「見てもらうことが大切」

…まったくそのとおりですね。うんうん。

08-16

その後は2階へ。

08-17

近江屋の実物大セット。臨場感あふれてます。

08-18

なんとなく屋上に。良い景色です。

08-19

土佐の人々の心意気をちょこっと理解できたような気がしました。

その9:高知駅前の「居酒屋土佐」で夕食

09-01

滞在3日目、2014年12月30日の夜。

フラッと高知駅前の 「居酒屋土佐」 へ。

09-02

南口を出てすぐにあります。

とりあえず生中(500円)とお通し(たぶん200円)を。

09-03

カツオのたたき(1150円)を頼んでみました。

これがまたヤバイんですよ。

09-04

タタキが10切れ以上お皿にぎゅうぎゅう詰め。

鰹はもちろん、玉ねぎもニンニクも超絶おいしい!

09-05

お次は出汁巻き玉子(たぶん600円)を…これもデカイ!

このお店、なんでも大盛りだとか…。

09-06

しかもこれまた超絶おいしい!他に頼もうと思っていたら、

この2品でお腹いっぱいに。幸せ。

09-07

ちなみに2杯目は栗焼酎「おくりおくら(500円)」の水割り。

ジョッキで出てきてびっくり…。

09-08

こんだけお腹いっぱいになってお会計なんと2900円!

繰り返しますけど、高知コスパ良すぎ。

09-09

帰り際にお口直しにとバナナ(意味深)を頂きました。

まったく高知は奥が深いぜよ!続く。

12/31~1/4まで正月休み(2014年〜2015年)だそうです。

滑り込みセーフでした。

その10:カフェ【光の種】に再度入店!

10-01

滞在4日目、2014年12月31日の午前。

この日は南国って感じでめっちゃ暖かかったですね。

10-02

ドキンと食パン発見。アンパンとバイキンも。

カレーは見当たらず。差別でしょうか。

10-03

大晦日、めっちゃ良い天気。

まさか次の日に雪が降るなんて思いもしてませんでした。

10-04

先日訪れたカフェ 「光の種」 にもう一度向かうため、

帯屋町商店街へ。

10-05

ちなみにわたしも参加した

「ふんどしチャリティ」 は無事目標額を達成できたそうです。

嬉しい!

10-06

お気に入りの2階へ。この雰囲気が大好きです。

10-07

今回はなんにしようかな…。

10-08

「土佐のジビエ 野生の鹿カレー(1058円)」 を注文してみました。

10-09

カレーはもちろん、ライスや野菜もオーガニックな素材ですよ。

10-10

お肉は県内で害獣駆除された鹿さんです。

本来なら硬さと匂いがあるそうなのですが、

圧力鍋で塩麹とともにじっくり煮こむことで、

優しくホロホロ崩れるような柔らかさになってました。

10-11

ケーキとコーヒーも追加で注文。

10-12

今回のケーキは 「お豆腐ショコラ」 です。

卵や乳製品不使用でこの美味しさ。しかもヘルシー。

10-13

タイのジャングルで勝手に育ってたという

「野生のコーヒー」 も相変わらず美味しい。

10-14

ちなみに1/1から1/4までお休み(2015年度)だそうです。

また高知に来るときはリピートしますね。

その11:なんと古民家で地元の方々と一緒に年越し!

11-01

滞在4日目、2014年12月31日の午後。

高知駅から鈍行列車に乗りまして…。

11-02

ウワサの 「後免(ごめん)駅」 で乗り換え。

めっちゃ謝られてる気分になります…。

11-03

その後、香我美駅で降車。

車で迎えに来ていただきました。

11-04

目的地はそう、先日訪れた築118年の古民家です。

なんと、一緒に年越しさせてもらえることに。

11-05

8人ほど集まられました。

今日もみなさんでいろいろと食材持ち寄りです。鍋が絶品!

11-06

カツオはニンニクをガッツリが土佐流。これがまた美味い!

11-07

「だいまる」 という卵入りのかまぼこもいいですねぇ。面白い。

11-09

お餅もフワッフワ!正直、

高知は素材のレベルが高すぎてなんでも美味しいです。はい。

11-10

なんと!とんでもないお酒を差し入れてくださったかたも…

美味しすぎて酔いつぶれました。

11-11

ちなみにわたしが差し入れしたのは超絶おいしい

「カフェ光の種のケーキ」 です。大好評でした。

11-12

年越しそばも、出雲の麺が最高!

ゆず入りで爽やかな風味なのも新鮮。

11-13

お風呂もいただいちゃいました。

なんとゴエモン風呂!でも流石にボイラー使用だそうです。

11-14

もしかしたら、人生の中で1番幸せな年越しだったかも。

実家は親類と疎遠でしたので…。

11-15

じいちゃん家ばあちゃん家ができたみたいで本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。

その12:初日の出と、おせち料理と、ホワイト初詣!

12-01

滞在5日目、2015年1月1日の午前。

改めまして、あけましておめでとうございます。

12-02

この日の朝は 「高知県立月見山こどもの森」 にて、

初日の出を待ちました。

12-03

山間ですので、時間は7時ちょっと過ぎ。

空も雲が少なくていい感じです。

12-04

うおっ!まぶしっ!高知県のお日様はやっぱり強烈ですね!

12-05

その後は古民家へ一旦帰り、おせち料理をいただきました。

12-06

こちらも古民家に集まった方々が持ち寄った物の中の一つ!

すごすぎます…。

12-07

お餅も囲炉裏でまったり焼きました。

時間がゆっくり流れます。

12-08

お雑煮!ダイマルが良い雰囲気を出しています。

もちろん柚子入りで爽やかな風味。美味しい。

12-09

朝食後は土佐一宮神社へ。

12-10

賑わっていますが、なんだか急に冷え込んできました…。

12-11

突然のホワイト初詣。

雪が降るのは珍しいそうでして、地元の方々も驚いてました。

12-12

風邪を引かないうちにゲン担ぎの品を買って帰るとしますか。

縁結びと志をGETです。

12-13

ちなみにおみくじは中吉でした。ふむふむ。

12-14

初詣の後は、高知駅でみなさんとお別れしました。

でも、必ずまた会いに行きます!

その13:高知城、ひろめ市場、てんこす!城下町を散策

13-01

滞在6日目、2015年1月2日の午前。

この日は高知駅前から路面電車に乗りまして…。

13-02

はりまや橋で乗り換えて高知城へ。

ま、歩ける距離なんですけどね。1回ぐらい路面電車に乗っておきたかったのですよ。

13-03

いい天気です。高知って、なんだか時間がゆっくり流れるんですよ。

滞在中ずっと感じてます。

13-04

石垣は野面(のづら)積みのという施工方法らしいです。

昔の職人技はすごいですよね。

13-05

それなりの数の階段を登って天守閣へ。

入場料は420円でした。

13-06

個人的には中にあったジオラマが良かったです。

13-07

伝統的な捕鯨漁の光景。文字通り命がけですね。

13-08

昔は二の丸、三の丸も建物があったそうですが、

今は天守閣のみ。ふむふむ。

13-09

それでも何百年と残っているものもある。

昔の技術ってすごいなぁ。

13-10

一番上から見渡す景色、めっちゃ気持ちが良かったです。いい感じ。

13-11

帰り道はすぐ側にあったひろめ市場に寄り道してみました。

13-12

真っ昼間から大宴会状態です…

これも土地柄でしょうかね。南国って感じです。

13-13

とりあえず安兵衛にて餃子を頼んでみました。

13-14

これがまた超絶おいしい!

なんなんでしょう、この美味しさは。謎です。

13-15

ちびから本舗にて、

なんとなく貼り紙に書いてあったお正月セットを注文。

13-16

とんでもない量の唐揚げが出てきて悶絶。

食べきれなかったぶんはホテルで食べました。

13-17

やいろ亭は…何故かシャッターが閉まったまんま。

塩タタキ、食べれませんでした。残念。

13-18

突然、でんでん太鼓と共に獅子舞とミス高知がやって来ました。

面白いなぁ高知。

13-19

やいろ亭は結局いつまでも開きそうになかったので諦めて、

入り口にあったラーメン屋へ。

13-20

豚骨ラーメン(700円)を食す。麺はカタメが好きです。

13-21

その後、近くにあったセレクトショップ

「てんこす」 にてお土産を購入。

13-22

さすがにお土産が 「ふんどし」 だけだとアレかなぁと思ったので、

いろいろ買いましたよ。

13-23

さて、高知滞在もあと残すところ後わずか。

何しようかなぁ。ま、その日の朝に決めます。

その14:スリーエフのお弁当とバクダンおにぎり

14-01

滞在6日目の2015年1月2日の午後。

高知県と言ったらコンビニのスリーエフですね。

14-02

高知限定で、 県内いたるところにあります。

北海道でいうセイコーマートみたいな感じ。

14-03

中はけっこう広い作り。厨房もあって、出来たてを買えたりします。

14-04

お弁当を買ってみました。

これが不思議と美味しいんですよ。特にお米がフワフワ。謎。

14-05

お弁当に手応えを感じましたので、

「バクダンおにぎり」 も買ってみました。

14-06

チョイスしたのは 「たまご焼(235円)」 です。

改めて見てみますと、マジで大きいですね…。

14-07

なんと一つで561キロカロリー!

まさにカロリーバクダン!さて、肝心のお味は…。

14-08

…超美味しい。なんすかこれ。

高知県の人は、いつもこんな美味しいもの食べてるんですか?

14-09

年間の日照時間も雨量も上位な高知、

食材の豊かさがコンビニも高レベルです。いいなぁ。

その15:現地の人と早明浦ダムへ

15-01

滞在7日目、2015年1月3日の午前。

突然ですが、とある方が運転するクルマの助手席に乗ってます…。

実は本日…現地のかたにガイドをしていただくという、

とんでもない幸運に恵まれたのです!

15-02

ツイッターで連絡をくださったのは、

高知在住のフジロッカーさん。

フジロック開催当初から全日程参加されているという

「ガチでアウトドア」な方。

音楽好きで、アウトドアが好きで、バイクが好きという…

波長が合わないワケがないですね!

お言葉に甘えて本日の最終日はガイドしていただくことにいたしました。

ありがとうございます!

15-03

ということで高知駅前から約1時間、

嶺北地域にある土佐町へ到着しました。

15-04

雪が残る道を慎重に登りながらたどり着いたのは、

早明浦(さめうら)ダムという場所です。

15-05

うーん、めっちゃ良い景色!

やっぱり高知って日差しが強くて夏みたいなコントラストですね。

15-06

写真うつりが本当にキレイなんです。

そして空気もキレイ。たまらんぜよ。

15-07

ちなみにここのダムが無いと香川県はうどんが作れないそう。

高知ハンパないですね!

15-08

しばらく、ダムの作りだすムダに壮大な景色に見とれていました。

うーむ、いい感じです。

15-09

さてさてお次は、

ダムのふもとにある超絶ディープな高知を体験できる場所に行きますよ!

その16:カフェ【ミシシッピ】の雰囲気に悶絶

16-01

滞在7日目、2015年1月3日の午後。

親切な人のオススメで早明浦ダムのすぐ近くにあるカフェ

「Missy Sippy」 へ。

16-02

しょっぱな外壁の様子に度肝を抜かれつつ、

店内の様子にさらに度肝を抜かれます。

16-03

ここのオーナーである、知る人ぞ知る

「MOJOYAMA」 さんこと藤島晃一さんのコレクション。

16-04

ミュージシャンであり、画家でもある藤島さんが

世界中を旅しながら集めたそうです。

16-05

オークションに出したら結構な値段がつきそうな

アンティークものもチラホラ…。

16-06

本棚の内容は見る人が見たら悶絶するような

レアものだらけだそうですよ。

16-07

ここはまだ他のブロガーさんもまだ記事にしてないんじゃない?

16-08

いやぁ、案内してくださった人のおかげでみなさんの先を行けました。

16-09

さて、肝心のフードメニューはどうでしょう。

おお、11年も続いているんですね。ふむふむ。

16-10

「黒米入り芋ごはんのお正月プレート(750円)」 を注文。

すんません、完全に油断してました。

めっちゃくちゃ美味しいです!特にお芋さんが絶品!

このクオリティに、この値段でいいの?って思うぐらいです。

いやホントですよ。マジで。

16-11

てかご一緒した方の

「鶏とじゃがいものココナッツスープの汁かけごはん(750円)」

も超美味しそう…ぐぬぬ。

これはまた来るしかないですね!

16-12

せっかくなのでデザートも注文したら、

わたしも集めている食器「ファイヤーキング」で登場!!

ここで藤島さんとビンテージ雑貨のお話が爆発してしまい、

ついつい時間を忘れてしまいました。

16-13

なんと!特別に厨房の棚を拝見いただきました。

うおお!なんてこったい、マジお宝の山。

16-14

そんな感じで話が超盛り上がっていたんですけど、

藤島さんがアトリエ見てくか?と。勿論yes!

16-15

このアトリエ、入り口からとんでもないオーラを放ってます。

なんだかヤバそうな感じです。

16-16

シャッターを開けた瞬間、

あまりのアバンギャルドな光景にアゴが外れそうになりました。

16-17

ロンドンの公衆電話ボックスから剥がしてきたというピンクチラシ。

16-18

よくわからない雑貨に、

藤島さん本人が撮影した写真や直筆の絵画が多数。

16-19

ミュージシャンとしてだけではなく、

写真家、画家としても類稀な才能の持ち主のようですね。

16-20

とにかく、すごいセンス。高知県、やっぱりヤバイです。

この価値観、中々めぐり逢えませんよ。

16-21

ちなみにこのアトリエ、

300人ぐらいは収容できるとのことでして。

16-22

年に数回のライブと宴会の時はどんちゃん騒ぎになるそうです。

めっちゃ参加したいっす!

16-23

いいですねぇ。ここは1回だけじゃ満足できないです。

だからまた必ず来ますよ!

16-24

7泊8日ノープランのこの旅、自分の想像以上の展開。

最高!あ、あともうちょっとだけ続きます。

その17:やっぱり現地の人のガイドがあると違う

17-01

滞在7日目、2015年1月3日の午後。

昼間ガイドしてもらった親切な人と夜また合流し 「ひろめ市場」 へ。

17-02

とりあえず 【さきっちょ】 というお店の席が空いてたので着席。

17-03

いろいろと食べましたがオススメは 「チューリップ」 です。

手羽先じゃなくて手羽元ですね。

17-04

それと 「ずりぽん」 もオススメ。

砂肝のポン酢和えです。高知では砂肝を「砂ずり」と言います。

17-05

ちなみにこの 「ひろめ市場」 は

ドリンクオーダーしとけば他店からの持ち込みOKですよん。

17-06

ということで、先日は閉まっていた 【やいろ亭】 に突撃。

おお、やってるやってる。

17-07

念願の塩タタキです。

ただ、冷凍なので100円引きですよ~とのこと。

でも十分に美味しい!

17-08

一緒に 「のり天」 も買ってきました。

うまい!でも大味なので1~2人ではちょっと多いかも。

17-09

ご一緒した人のオススメで

【明神丸】 のタタキも食べてみることに。

17-10

塩とポン酢の2種類食べ比べ。

さらにクジラとウツボの唐揚げもGET。

17-11

タタキにニンニクとネギを乗せるのが土佐流とのこと。

これまた美味しい!

17-12

個人的にはウツボの唐揚げが大ヒット。

めっちゃクリーミィで味わい深く美味しい。意外でした。

17-13

やっぱり現地の人のガイドがあると違いますね。いやぁ、満足満足。

その18:ヌックスキッチンに奇跡的に入れた

18-01

滞在7日目の2015年1月3日の夜。

高知で食べる最後のディナーの記録です。

18-02

到着したのは人気ジビエ料理店

「Nook's kitchin(ヌックスキッチン)」 です。

あ、ジビエとは狩猟で捕獲された野生の鳥獣肉のことですよ。

ちなみに、事前に調べたお店のページに

“ほぼ予約で満席” って書いてあったので、

今回は諦めていたのですが…。

この丸1日ガイドしてくださった親切な人の

「ダメ元で行ってみよう!」 の一言で突撃。

そしたらなんと、偶然にもちょうど予約がキャンセルになったみたいで

「今なら入れますよ!」 とのこと。

他に来店したお客さんはすべて断ってたらしいので、

一緒に言った人に 「持ってますね~」 と褒められました。

なんだかわかりませんが、

そんな感じの偶然が旅中に10回はあったんですよ。

不思議ですねぇ。

でもすでにひろめ市場で1杯やっていたので、

軽めの注文にしてきました。次回はガッツリと。

最初にやってきたのは

「本日の前菜盛り合わせ(1280円)」 で内容は

イノシシハム、シカくんせい、シカサラミ、

シカロースト、シカナバラン、シカコンフィの6品。

18-03

いやぁ、野生動物のお肉は畜産のものとはまったくの別物で

とんでもないパワーですね!

ワイルドでハードボイルドな味がします。

オーガニックな食材に興味がある方は

ぜひぜひ1度でいいので食べてみてください。

あ、個人的には独特の風味が調和された

シカナバランが美味しかったですよ。

もう1品、

「イノシシの燻製ロースト&レモンのクスクス(1050円)」

は食べやすかったです。うまし。

18-04

そして、今回の旅のハイライトとなったのが最後に食べた、

シカのお雑煮!

シカの骨からダシをとったコンソメスープ風味のお雑煮だったんですけど…

スープ料理の中で間違いなく人生1番の美味しさで悶絶しました。

また食べたい!

18-05

なお、このヌックスキッチンさんは

1/5~1/20までヨーロッパに研修のためお休み(2015年度)とのこと。

さて7泊8日で行ってきた高知放浪旅も寝て起きて帰るだけです!

あっちゅーまでした…。

とにかく高知県、食べ物の美味しさは僕の中で全国1位です!

必ずまた来ますね!それではみなさん、ごちそうさまでした!

その19:ブンタンとパンを食べてから帰路に

19-01
滞在8日目の2015年1月4日の午前。

そういえば、古民家の方に 「ぶんたん」 を頂いてたのを忘れてました…。
19-02

ホテルなので何も皮をむく道具がありません。

うーん困った。どうしよう。

結局、気合でオラァ!と指でむきました。

皮、分厚すぎです。

19-03

皮は苦いらしいので丁寧にむいて食べてみます。

とりあえず、一口…むむっ!

こ、これは…美味しいじゃないか!

酸味と甘味の絶妙なバランス!たまりません。

夢中になって食べてしまいました。ふう、満足。

19-04

さて、ぶんたんも捨てずにすんだし、

気を取り直して帰路につくとしましょうかね。

19-05

と、その前に…この7泊8日中、

4回ほど同じパン屋さんで朝食を食べたのでご紹介します。

19-06

場所は高知駅内、

リリー・フランキーみたいな名前のウィリー・ウィンキー

というお店です。

19-07

そっちょくな感想ですが、

惣菜パンよりシンプルなものが美味しかったですね。

1日目、下の写真の中では右端の

「ミルクフランス(129円)」 がオススメ。

19-08

2日目、下の写真の真ん中の

「エッグロール(151円)」 も美味しいです。

19-09

3日目、下の写真なら真ん中の

「チーズトースト(138円)」 もgood。

19-10

そして4日目、下の写真の右端

「塩パン(118円)」はマジで美味しいのでオススメです。

19-11

マーガリン入りのロールパンに塩かけてあるだけなんですけど、

これがまた美味しいんですよ。

19-12

やっぱり人気らしくお店からもイチオシされてました。

まだ食べたことがない人はぜひぜひ。

19-13

4日分のパンを紹介できたところで帰路に。

ちなみにチケットは当日とってます。

19-14

新幹線アリで片道15000円…もちろん指定席は完売。

夜行バスも考えました(約半額ほど/ただし低速)が、

当たり前のように完売。

できるだけノープランにするために当日チケットにしたんですが、

あんまりオススメできません…。

19-15

気を取り直して、駅のホームから御三方の像に挨拶をします。

さよなら高知!またね!

19-16

2時間半ほど特急立ちっぱなし。横揺れすごい。

あ、瀬戸大橋の景色は良かったです。

19-17

岡山→名古屋の1時間半も立ちっぱなし。

19-18

名古屋→豊橋の30分も。

まぁ、これぐらいならまだどうってこともないですけどね。

19-19

そんな感じで無事に豊橋駅に到着!

19-20

ここまで読んでいただいたみなさん、ありがとうございます〜。

その20:ふんどし以外にGETしたお土産

20-01

さすがにお土産が「ふんどし」だけだとアレかな…

と思って高知県から郵送した品が届いてました。

20-02

中身はこんな感じ。

ポップコーン、芋けんぴ、青のり、かつおフレーク3種類の6品。

さっそく食べてみましょう。

まずはかつおフレークの 「土佐の赤かつお」 から。

20-03

にんにく、ゆず、青のり、どれも超美味しかったけど…

頭ひとつ抜きん出ていたのは、にんにく!


少々良いお値段(500円~600円)しますが、

にんにく好きなら間違いないお土産です。うん。

20-04

お次は芋けんぴ、もとい 「塩けんぴ」 です。


塩ケンピ、塩剣秘…って書いてあるけど謎です。

20-05

…やばい、美味しい。止まらん。

やめられないとまらない~塩けんぴ!状態になります。

20-06

続いてポップコーン、もとい

「マックのシュガーコーン」 です。

20-07

これまたやめられないとまらない~状態です!


いやはやなんとも、高知はお土産まで美味しいのか。

20-08

最後は青のり、四万十川産の原藻とのことです。

20-09

ゴハンに乗っけてみたんですけど…

うーん、想像以上にあっさり。

20-10

ゴハンに乗っけるより、

炒めものや、汁ものとか、焼き物に揚げ物が良さそうです。


あ、後日料理人の友人に1袋渡したら

めっちゃ良い素材!って言ってましたよ。

20-11

ちなみに上記の品は帯屋町商店街にある

「てんこす」 ってセレクトショップで買いました。

20-12

よかったら参考にしてみてくださいね〜。

ということで、これにて7泊8日高知放浪旅の本編は終了です。

ちゃんちゃん。

あとがき

帰りは電車内に6時間ほど立ちっぱなしで足がパンパンでしたが、

無事に7泊8日ノープラン高知放浪旅から帰宅いたしました!

カフェ 「光の種」 から

「築118年の古民家」 に連行(笑)され。

その古民家で知り合った地元の方々と一緒に年越しさせてもらい。

さらにはその様子をSNSで見てた方に丸1日高知県内をガイドしていただき。

そして超絶ディープなカフェ

「ミシシッピ」 にてアトリエの光景に悶絶する…。

他にもたくさん偶然が偶然を呼ぶような怒涛の展開、

驚愕の連続にもはやアゴはいつでも外せます!たぶん。

とにかく、今回の旅は自分の人生の中で1番の冒険でした。

何故なら、ちょっと前まで自称ウルトラ人見知り人間だったからです。

その日に出会った人に付いて行動するなんて、

少し前の自分だったらありえないこと。

でもその人見知りって結局は

「傷つく前に傷ついてただけ」 だったんです。

傷つくことを恐れて何も行動しないことが、

1番自分を苦しめていたんですよね。

今回の旅に出る前までは自分にとって

「他人とは警戒するべきもの」でした。

なぜなら世の中には

「いい人」 「わるい人」 がいる、

そう教えられてきたから。

でも実際はちょっと違って、

誰もが 「いい部分」「わるい部分」 があるだけで。

その 「違いを楽しむ」 という発想の転換をすることで、

人見知りの恐怖は克服できました。

そしたら今まで見ていた世の中が別世界のように見えてきたんですよ。

なんだ 「思ったより良い世の中じゃないか」 って。

もしかしたら

「世の中の厳しさを伝える人がたまたま多かっただけ」

だったんじゃないのか?

もしそうだったなら、自分はあえて

「世の中の素晴らしさを伝える人間」 になりたい…。

今は割と本気でそんなことを考えています。

さて、最後になりましたが今回の旅で出会った方々に感謝を!

ありがとうございました!

なお12/31締め切りで、

ぼくも30000円ほど寄付に参加した高知発のクラウドファンディングは、

なんと目標の倍額以上(!)も集まりました。

すごいですね!ふんどしが届くのを楽しみにしています。

イケハヤさんもツイッターの返信に書かれてたんですけど、

高知県は変な人が多くて面白すぎです!

だからまた必ず会いに行きますね!

以上です。続く。

 

カテゴリー「旅行記」内の人気記事

 

記事の内容に共感して頂けましたら、次の応援をヨロシクお願いします!

あ、ご意見ご感想は今すぐでもOKですので、気軽にFacebookTwitterにメッセージを送ってくださいね。お待ちしております。

(※頂いたご意見ご感想はブログに転載する可能性があります。何卒ご了承ください。)